会話詳細

Leçon61 La canicule

Main Visual

DIALOGUE
  • AlexandreNotre voyage au Japon tombe à pic, tu ne trouves pas ?
  • Alexandre日本への旅行は絶好のタイミングだったね、そう思わない?
  • JosianePourquoi tu dis ça ?
  • Josianeどうして?
  • AlexandreBah, t'as pas vu les infos.
  • Alexandreえ、ニュースみてないの?
  • JosianeC'est pas la première chose que je fais quand je suis en vacances.
  • Josiane休暇中にすることじゃないからね。
  • AlexandreMais ils parlent que de ça à la télé. C'est la fournaise en ce moment.
  • Alexandreでもテレビじゃそのことしかやってないよ。今、猛暑だって。
  • JosianeSérieux ?! En France tu veux dire ?!
  • Josiane本当?フランスのこと?
  • AlexandreMais oui ! Il fait plus de 40 degrès à Paris. Alors qu'à Tokyo, il fait aux alentours de 25.
  • Alexandreもちろん。パリで40度越したって。東京は、25度くらいなのに。
  • JosianeJe me demande comment les parisiens font pour survivre...
  • Josianeパリの人は、どうやって乗り切るんだろう…。
  • AlexandreD'autant plus qu'il n'y a pas d'air conditionné dans les habitations. C'est pas un simple ventilateur qui va régler le problème.
  • Alexandre家にエアコンもないから、余計にね。扇風機だけじゃ解決しないし。
  • JosianeMon dieu, je plains les enfants et les personnes âgées.
  • Josianeあぁ、子供やお年寄りが気の毒だわ。
  • AlexandreJ'ai lu dans le journal que des enfants s'étaient amusés à ouvrir les bouches d'incendie pour se rafraîchir.
  • Alexandre新聞を読んだけど、子供達は暑さしのぎに消火栓を開けて楽しんでるらしいよ。
  • JosianeAh ah ah, ils ont bien raison !
  • Josianeまあ、しょうがないよね。
  • AlexandreJ'espère juste que la canicule sera terminée une fois que nous serons rentrés.
  • Alexandre僕たちが戻るときには猛暑が過ぎ去ってるといいんだけど。
  • JosianeCroisons les doigts.
  • Josianeそう祈りましょう。
VOCABULAIRE
canicule (f) 酷暑、猛暑
tomber à pic 絶好のタイミングだ
à pic:【話】折よく、よい時に
info (f) <informationの略> テレビ・ラジオのニュース
fournaise (f) 猛暑
aux alentours de ~くらい、およそ、~の周囲に
alentour:まわりに、あたりに
survivre ~に耐えて生き延びる
d'autant plus que ~するだけいっそう、ますます~
air conditionne (m) エアコン
habitation (f) 住居、住宅
ventilateur (m) 扇風機
regler を解決する
mon dieu 直訳だと「私の神様」→(驚き、喜び、怒り、ためらいなどを示して)うわっ、ちくしょう、まあ
plaindre ~を気の毒に思う、~に同情する
s’amuser à ~して楽しむ
bouche d’incendie 消火栓
bouche:(f) 口、incendie:(m) 火事、火災
se rafraichir 涼しくなる、冷える、涼をとる
croiser les doigts 人差し指と中指をクロスさせる(誓願や祈りのしぐさ)
POINT

【コラム:ヨーロッパでは記録的な猛暑だった2019年7月】
今年2019年の夏は、日本は7月中旬までは低温で、東京都心で7月前半に30度を超える日がなかったのは33年ぶりという気温でした。
涼しい夏を予感していた7月の日本と違い、パリでは7月末に42.6度と、観測史上最高の気温を記録しました。1873年の観測開始から、40度を越える気温を記録したのは、1947年7月の40.4度の一度だけで、70年超ぶりの記録更新となりました。
フランスだけではなく今年はドイツでも42.6度と、観測史上最高の気温を記録しています。
日本のこれまでの最高気温は、埼玉県熊谷市で昨年記録された41.1度が最も高い気温であることを考えると、パリやドイツの今年の気温は驚異的な数字です。
本文にもあるとおり、フランスは日本ほどクーラーが設置されている家も少ないので、対策は大変です。
ただし、いくら暑いとはいえ消火栓で遊ぶのはやめておいたほうがいいですね。


Alors qu'à Tokyo, il fait aux alentours de 25.
"alors que+直説法"のかたちで「~なのに、一方で」という対比・対立の意味を表します。

<例文>
Elle se tue au travail alors que son mari, lui, ne fait rien.(彼女が懸命に働いているのに対して、夫は何もせずのらくらしている)
※se tuer à :さんざん苦労して~する、~することにうんざりする 

Josiane : Croisons les doigts !
人差し指と中指をクロスさせる指のサインは、十字架を表現していて「Bonne chance !(幸運を!)」と言うときなどによく一緒に使われる仕草です。