エッセー詳細

Le mois de juin : différences culturelles France et Japon

MESSAGE
  • Depuis que je suis arrivée au Japon, le mois de juin est toujours un peu particulier pour moi.
    Ici, juin rime avec la saison des pluies, la floraison des hortensias et la confection de teru teru bozu pour faire venir le soleil !
  • 日本に来て以来、6月は私にとっていつも少し特別な月です。
    ここでは、6月といえば梅雨や紫陽花の開花、太陽を呼ぶためのてるてる坊主を作ることがつきものですね!
  • Mais quand j’étais encore en France, et notamment lycéenne, le mois de juin avait une saveur bien différente.
    Peu de pluie mais un beau soleil qui permettait de profiter de longues soirées à l’extérieur avec les amis. Fin juin, il y a aussi la fête de la musique qui donne l’occasion de sortir et de s’amuser où que l’on soit en France.
  • しかし、私がまだフランスにいた頃、特に高校生のときは、6月はまた違った楽しみのある月でした。
    殆ど雨が降らずよく晴れていて友達と一緒に外で長い夜を満喫することができました。6月の終わりには音楽の祭日があり、フランスのどこにいても外出し楽しむ機会を与えてくれます。
  • Vous savez sûrement que les vacances scolaires d’été en France durent deux mois (juillet et août). Cependant, la première année de lycée compte exceptionnellement trois mois de vacances : juin, juillet et août !
    En effet, le mois de juin de la deuxième et troisième année de lycée, est consacré aux épreuves du bac.
  • 皆さんはフランスの学校の夏休みが2ヶ月間続く事をきっとご存知でしょう(7月と8月)。 しかしながら、高校の最初の1年目は例外的に3ヶ月の休みがあるのです(6月、7月、8月)!
    というのも、高校2・3年目の6月は、バカロレア試験に費やされます。
  • Vous savez donc désormais pourquoi les lycéens français apprécient tant leur première année de lycée !
  • これで皆さんもこれからはなぜフランスの高校生が高校1年目をこんなにも好むのかお分かりになったでしょう!
VOCABULAIRE
depuis que+ 直接法 ~してから、~して以来
particulier, -ère 特別の、特殊な
rimer avec ~を相伴う、~が付きものである
saison des pluies (f) 梅雨(直訳:雨の季節)
pluie:(f) 雨
floraison (f) 開花、開花の時期
hortensia (m) セイヨウアジサイ
confection (f) 製作、作成、作り上げること
faire venir A Aを来させる、呼ぶ
notamment とりわけ、特に
saveur (f) <物事の> 味わい、面白味、趣(おもむき)
permettre de+不定詞 ~することを可能にする
profiter de A Aを楽しむ
où que+接続法 どこで~しようとも
sûrement きっと
scolaire 学校の、学校教育の
consacrer A à B AをBに当てる、費やす
épreuves du bac バカロレア試験
épreuve:(f) 試験、テスト
Bac = Baccalauréat: バカロレア(大学入学資格試験)
désormais 今後は、これからは
tant とても、それほど
apprécier 好む、高く評価する

La fête de la musique(音楽の祭日)とは?

毎年夏至の日(2021年は6月21日)はFête de la musiqueという音楽の祭典の日です。
この日はフランス各地で様々な音楽イベントが開催されるだけでなく、ストリートやレストラン、カフェなど、至る所でミュージシャンたちによる音楽の生演奏を楽しむことができます。街の至るところに特設ステージが作られ、そのほとんどは無料で観ることができます。
1982年にフランスで生まれたこのイベントは、現在では世界中の100カ国、400以上の都市でも開催されるほどに拡大し、日本でもFête de la Musique au Japonと題してイベントが開催されるようになりました。

ライター紹介

コラムニスト写真

Emilie

エミリーと申します。2011年4月にフランスから日本に来ました。フランス語を教えながら、2016年からオリジナルのフランス語テキストを作り始めました。
現在はイラストレーターの仕事をメインにしていますが、フランス語のレッスンも続けています。
横浜に住んでいますが、福島が大好きで会津で体験生活をしています!