会話詳細

Leçon94 Occupe-toi un peu des enfants

Main Visual

DIALOGUE
  • SamanthaTu peux dire à ton fils de ranger sa chambre ? C’est un bazar pas possible !
  • Samanthaあなたの息子に部屋を掃除するよう言ってくれる?汚くてしょうがない。
  • ArnaudOh ça va, c’est ton fils aussi je te signale. Tu peux lui dire.
  • Arnaud大丈夫だよ、言っておくけど君の息子でもあるんだからね。君から言えばいいよ。
  • SamanthaOui c’est vrai. Mais il ne m'écoute pas, au moins quand c’est toi il le fait directement.
  • Samanthaそうなんだけど、私の言うことはきかないから。少なくともあなたが言えば、すぐにそれをするからね。
  • ArnaudMais tu ne vois pas que je suis en train de travailler là. J’ai autre chose à faire.
  • Arnaudでも仕事中なのはわからないかな。他にやることがあるから。
  • SamanthaÉcoute on est samedi, j’aimerais que tu déconnecte un peu le weekend, surtout quand les enfants sont à la maison.
  • Samanthaねえ、今日は土曜日よ。週末くらい仕事から解放されてほしいけど。特に子供が家に家にいるときはね。
  • ArnaudOui bah attends 5 min, je finis ce que je suis en train de faire et je vais lui parler.
  • Arnaudあと5分待ってよ、今やってることを仕上げるから。それから話してみるよ。本当に?
  • SamanthaN’oublie pas qu'à 5 heures il faut conduire Léa chez sa copine Louise. Moi je pars à 4 heures pour la Gym.
  • Samantha5時にLeaを友達のルイーズの家に送ってかなきゃならないのは忘れないでよ。私は4時にはジムにでかけるから。
  • ArnaudAh non, c’est pas possible.
  • Arnaudいや、それは無理だな。
  • SamanthaPourquoi ?
  • Samanthaどうして?
  • ArnaudBah il y a LOSC-PSG qui commence à 5 heures, je vais louper le début du match.
  • ArnaudLOSC対PSGの試合が5時に始まるから、試合の序盤を見逃しちゃうよ。
  • SamanthaC’est pas mon problème, le samedi c’est le seul moment où je peux aller à gym tranquillement. Donc occupe-toi un peu des enfants et laisse-moi un peu de temps pour moi. Le père de Louise a une grande télé et je suis sûre qu’il aime autant le foot que toi. Débrouillez-vous.
  • Samanthaそれは私の問題じゃないわね。ジムにゆっくり行けるのは土曜日くらいなんだから。ちょっとは子供の世話をして、私に少し自分のための時間を頂戴。Louiseのお父さんは大きなテレビを持っていて、きっとあなたくらいサッカーが好きよ。うまくやってね。
VOCABULAIRE
ranger を片づける、整理する
bazar (m) 乱雑な場所、ちらかったもの
pas possible [話] どうしようもない、素晴らしい
signaler A à B BにAを知らせる、教える、指摘する
Je te signale que:言っておくけど、伝えておくと
au moins 少なくとも
directement (回り道しないで)まっすぐに、すぐに
déconnecter の接続を切る
se déconnecter (de...) :(~から)距離をとる
conduire ~を連れていく、導く、送る
LOSC =Lille Olympique Sporting Club Lille Métropole。リールに本拠地を置くサッカークラブチーム。LOSCリール・メトロポール
PSG Paris Saint-Germain Football Club。パリに本拠地を置くサッカークラブチーム。パリ・サンジェルマンFC
louper を逃す、逸する
tranquillement 静かに、穏やかに、落ち着いて
s'occuper de ~の世話をする、面倒をみる
laisser A à B AをBに与える、渡す
se débrouiller (難局、困難を)切り抜ける、うまくやる
POINT
【コラム:サッカー欧州5大リーグのひとつ、フランスのLigue 1】
サッカーの話題がでてきたので、フランスのプロサッカーリーグの話を少しお伝えします。
ワールドカップで優勝経験もある強豪フランスのプロリーグは「リーグ・アン(Ligue 1)」と呼ばれ、各国の有力選手が所属する世界でも有数のトップリーグのひとつです。
現在マルセイユで活躍する酒井選手、以前は稲本選手や中田浩二選手など、日本人も活躍しているリーグでもあります。
今はなんといっても、前回のワールドカップで大きな注目を浴びたエンバペ選手がリーグアンでプレーしていることで注目を集めています。エンバペ選手は、本文にも出てきたパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する22歳のフランスが誇る若き天才サッカープレーヤーです。2018年のワールドカップ決勝でも得点し、フランスの優勝に大きく貢献しました。
フランスリーグは、歴史的な経緯、またフランス語という言語的なつながりもあり、アフリカ系の選手が非常に多いのが特徴です。
前述した、エンバペ選手も、父親がカメルーン人、母親がアルジェリア人。身体能力が高く、将来有望な選手たちがリーグアンで活躍し、他のヨーロッパのビッグクラブに移籍していくことも多くあります。
有名になったあの選手の、最初の所属チームは実はリーグ・アンのチームだったなんてことはよくある話。
なかなかテレビで見る機会は少ないですが、TV5 Mondeなどでも放送していますので、機会があれば、フランスサッカーの試合をフランス語の解説で見てみるのはいかがでしょうか。
 

C’est un bazar pas possible !

"pas possible" には「どうしようもなく」や「すばらしく」といった程度が甚だしいことを意味する強調の意味があり、"tenue pas possible(どうしようもなくひどい服装)" や "succès pas possible(信じられない成功)" のように、良い意味にも悪い意味にもどちらにも使われます。また、"Pas possible!(まさか!)" という表現もあり、「有り得ない」というイメージですね。
"Qul bazar! (なんて散らかりようだ!)" と言ったりしますので、"un bazar pas possible" というと「あり得ないくらい散らかっている場所」という意味になります。

Le père de Louise a une grande télé et je suis sûre qu’il aime autant le foot que toi. 

"être sûr que/de" は「~を確信している」という何かについて自信があることを意味し、会話でもよく使われる表現です。

【例】J'en suis sûr.(絶対だ、自信がある)

後続のil aime autant le foot que toiでは比較表現が使われています。 "動詞 + autant que..." は「...と同じくらい~する」という同等比較を表し、「彼はあなたと同じくらいにサッカーが好き」という意味になります。