会話詳細

Leçon37 Rencontre du nouveau-né de son amie

Main Visual

DIALOGUE
  • RomaneToutes mes félicitations !!! qu’est-ce qu’il est mignon !
  • Romane(出産)おめでとう!なんてかわいいの!
  • CamilleMerci, j’ai bien bossé.
  • Camilleありがとう。がんばったのよ。
  • RomaneAh ah, je suis plutôt d’accord avec toi ! Je me demande à qui il ressemblera le plus quand il sera grand.
  • Romaneそうね、よくわかるわ。大きくなったら、どっちに似るかな。
  • CamilleQuelle question, à moi bien sûr !
  • Camille何言ってんのよ、私に決まってるでしょ。
  • RomaneEt du coup, tu vas lui parler en quelle langue ?
  • Romaneそれで、この子とは何語で話すつもり?
  • CamilleC’est une bonne question. Je dirais... Français pour moi, japonais pour le papa.
  • Camilleいい質問ね。そうね、私とはフランス語、パパとは日本語かな。
  • RomaneTu comptes le mettre à l’école française ?
  • Romaneフランスの学校に入れるつもり?
  • CamillePour commencer l’école japonaise. C’est plus abordable.
  • Camilleまずは日本の学校かな。手ごろだしね。
  • RomaneOui, je pense que tu as raison. Mais pour l’université, ça va être une autre histoire.
  • Romaneそうよね、いいと思う。でも大学となるとまた別の話でしょ。
  • CamilleC’est vrai. Mais, j’y ai déjà réfléchi et je pense lui proposer d’aller à l’université en France.
  • Camille確かに。考えたんだけど、フランスの大学に行くことを提案しようと思ってる。
  • RomaneTu n’aimes pas les universités Japonaises ?
  • Romane日本の大学は嫌?
  • Camille C’est pas ça, mais financièrement, les universités françaises sont plus accessibles.
  • Camilleそうじゃないんだけど、経済的にフランスの大学のほうが楽なのよね。
  • RomaneEt qu’en pense le papa ?
  • Romaneパパはどう考えてるの?
  • CamilleJe ne sais pas, on en a pas encore parlé.
  • Camilleわからない、そのことについてはまだ話してないから。
  • RomaneAh oui ? Bon, l’avantage, c’est que vous avez encore le temps.
  • Romaneそう。でもいいわね、まだ時間はあるから。
VOCABULAIRE
nouveau-né, -e 新生児、赤ちゃん
félicitations ! おめでとう!
bosser 【話】働く、勉強する
plutôt 【話】とても、非常に
se demaner 自問する、~だろうかと思う
ressembler à ~に似ている
du coup 【話】その結果、そのため、その途端
compter + 不定詞. ~するつもりである、~しようと思う
mettre à l’école 学校に入れる
abordable (価格が)手ごろな
histoire (f) 話、物語
accessible 行きやすい、手に入りやすい、手頃な
avantage (m) 利点、優位、有利
POINT
【豆知識:フランスの大学は経済的?】
フランスの大学は確かに経済的です。基本的に授業料は無料ですが、別途登録料が必要となります。例えば、2019/20の学士課程の登録料は年170ユーロ、修士課程だと年243ユーロで、日本の国立大学と比較してもかなり安くなっているのが特徴です。
これほど授業料が安いなら、フランスに留学しようという方もいるかもしれませんが、残念ながら2019年からヨーロッパ以外の地域から留学する学生は、一定の学費を支払うこととなりました。公立大学の場合だと、学士課程で年2,770ユーロ、修士課程で年3,770ユーロの学費を支払うことが義務づけられました。それでもまだ日本より安いですね。私立大学だと、専攻次第で異なりますが、年3,000-10,000ユーロほど必要とされています。
大学付属の語学学校は別ですが、大学への入学となると、フランス語の能力は必要です(基準としては学士でDELF B2程度)。外国人だからといって、大目に見てくれるということもあまりないので、かなり勉強する必要があります。留学生がフランスの大学を卒業するには、強い意志とモチベーション、それと勉強量が必要ですね。

Toutes mes félicitations !
「おめでとう!」とお祝いの言葉をいうときには、ふつうは単に" Félicitations !" と言うことが多いですが、授賞式などの公的な場や、結婚式などの一大イベントなど「おめでとう」をさらに丁寧に伝えたいときには" Toutes mes félicitations !"や"Mes félicitations !" とも言います。

Merci, j’ai bien bossé.
"bosser"は話し言葉で「働く、勉強する」など英語の"work"にあたる言葉です。日本語にするとわかりづらいですが、「よくやった」や「頑張ったね」というときにも使われる表現で「よい働きをした ⇒ よくやった、頑張った」というようなイメージです。

【例文】
T'as bien bossé aujourd'hui.(今日はよく頑張ったね)