エッセー詳細

Comment le haïku est perçu par les Français

MESSAGE
  • La langue française est très riche et l’on a pour habitude d’utiliser beaucoup de rimes, de nombreuses métaphores et autres figures de style lorsque l’on écrit un poème.
    Le plus important est de partager ses émotions avec le lecteur.
  • フランス語はとても豊かで、人々はたくさんの韻や数々の隠喩、その他の技法を用いることに慣れています、詩を書くときには。
    最も大切なことは、読み手と感情を分かち合うことです。
  • À l’inverse, le haïku est très court. Il nécessite un mot de saison et le lecteur doit pouvoir imaginer un tableau en seulement quelques lignes.
    C’est un sacré challenge pour nous Français ! Et c’est cela aussi qui rend le haïku si intéressant et qui explique son expansion dans l’Hexagone.
    Une Association Francophone de Haïku a même été fondée en 2003 ! Elle organise chaque année la « Journée du haïku » dans plusieurs villes en France et au Québec, ainsi qu’un concours d’écriture.
  • 反対に、俳句はとても短いです。俳句には季語が必要で、読み手はたった数行である光景を思い浮かべなければなりません。
    これは私たちフランス人にとってすごい挑戦です!そしてこのことが俳句をこんなにもおもしろくし、フランスの中で広がっている理由でもあります。
    フランス語話者俳句の会(Association Francophone de Haïku) は2003年に設立されました。この団体は毎年フランスやケベックのいくつかの街で「俳句の日」を主催し、筆記コンテストを開催しています。
  • Cependant, il est difficile de bien respecter le rythme « 5-7-5 », et les mots de saison ne sont pas vraiment définis. De ce fait, le haïku français est un peu plus libre que le japonais.
    Voici un exemple de haïku français signé André Cayrel :

    Aube grise
    le café allume
    son brouillard

    À vous !
  • 一方で、「5・7・5」のリズムを守ることは難しく、季語は明確に定められていません。そのため、フランス語の俳句は日本語よりも少し自由なのです。
    それでは一例として、アンドレ・カイレルのフランス語の俳句を見てみましょう。

    まだ暗い夜明け
    カフェの明かりが
    霞を照らしている

    みなさんもやってみましょう!
VOCABULAIRE
percevoir を知覚する、感じとる
avoir pour habitude de A Aするのが習慣である
rime (f) 韻
métaphore (f) 隠喩、メタファー
figure de style (f) 修辞技法、文飾、比喩
lorsque ~する時に、~すると
partager ~を共有する、分かち合う
lecteur, -trice 読者
à l’inverse de A Aと反対に
nécessiter ~を必要とする
mot de saison (m) 季語
tabeau (m) 描写、光景、場面
sacré, -e (名詞の前で) とんでもない、すごい
expansion (f) 普及、拡大、伝播
rendre A B AをBにする(Bは形容詞)
hexagone (m) 6角形
l’Hexagone:フランス本土(地形が6角形になっていることから)
écriture (f) 書くこと、文字、書体、筆跡
respecter 遵守する、尊重する
définir を定義する、規定する
de ce fait そのことにより、したがって
signer (作品など)を作る、発表する、署名入りで書く
aube (f) 夜明け、曙
gris, -e 灰色の、グレーの、どんよりした、曇った
allumer 明かりをともす、点灯する、火をつける
brouillard (m) 霧、もや、霞(かすみ)

 

ライター紹介

コラムニスト写真

Emilie

エミリーと申します。2011年4月にフランスから日本に来ました。フランス語を教えながら、2016年からオリジナルのフランス語テキストを作り始めました。
現在はイラストレーターの仕事をメインにしていますが、フランス語のレッスンも続けています。
福島県のいわきに住んでいます。