ブログCourriers

ブログ Courrier フランス

rss

ブログ一覧へ

ケベック美食の国フランスの市場で見つけた珍しい食べ物

投稿日時:2022/01/20(木) 06:00

あけましておめでとうございます。
ケベックに移住して3年目のみあと申します。
年の暮れに旦那の実家フランスに旅行をしていましたので、今回はフランス特集です。
しかもしかも!美食の国ならではの美味しいが溢れる市場からです。


まずは市場の様子
 
 



ここは田舎の地元の人しかこない、ダウンタウンから離れたとても小さな市場。
野菜、乳製品、卵、肉などといった農場で働く人たちが直売している新鮮な食べ物が手に入る場所です。やっぱり市場って現地の生活が見れる気がしてワクワクしますよね。
 

①羊のヨーグルト(Yaourt de brebis)

  

日本でたべられるヨーグルトは当然牛の乳から取れたものですが、ここフランスでは羊のヨーグルトが食べられます。しかも秋・冬限定らしいです。(チーズの発酵が難しいらしく、夏にはうまくできないらしいです)私たちは今までは、毎年夏に帰国していたのでこの羊のヨーグルトに巡り合えなかったんです。
触感は、普通のヨーグルトのようにサラッとしていないので、コクがあり食べ応えがあります。少しクセがあるのですが、私はこのクセがたまらなく好きです。ちなみにうちのこどもたちは苦手のようです。
 

②羊のフレッシュチーズ(Greuil)



羊のフレッシュチーズも日本ではなかなかお目にかかれないものですね。こちらも秋・冬限定らしいです。フレッシュチーズなので、普通のチーズからもれた粕のようなものから作ります。豆腐でいうとおからみたいな?
触感は、ヨーグルトとチーズの中間くらいです。(歯ごたえもおからに似てます。)固すぎでも柔らかすぎでもないです。味は独特のコクがあるけどあっさりしているからいくらでもいけちゃいます。
チーズとはいえ、デザートとして食べるのが主流。私は砂糖をかけてシンプルにいただくのがお気に入り。期間限定というレアさもうれしいですね。
 

③魚のスープ(soupe de poisson)


 参照:https://www.cuisineaz.com/recettes/soupe-de-poissons-companion-110301.aspx

フランスに来たら魚にうるさい日本人にぜひ口にしてもらいたい一品です。マルシェにも売っていますが、スーパーにも売っています。魚の出汁(スープによって取る魚は異なりますが、ほとんどがオレンジ色のスープです)が良く効いていて、うまみがとんでもないです。エックスプロバンスに住んでいたころは、よくマルセイユのレストランでも食べていました。マルシェにも新鮮なスープが売っていましたので、是非フランスに訪問された際にはお試しください。
 

④丸い根セロリ(Celeri rave)




形がびっくりの丸いセロリ。味も歯ごたえもセロリなのに丸いんです。普段目にするセロリは茎の部分ですが、このセロリは根っこ部分なんです。



料理上手の義母は、これを細切りにしてマスタードと塩でシンプルに料理してくれました。新鮮な根セロリ。知らなきゃいつもの茎セロリだと思って食べてしまうくらい、同じおいしさでした。ちなみに義母のサラダはおいしすぎて4回もお代わりして、しばらく「セロリみあ」と呼ばれてしまいました笑
 

⑤そうめん南瓜(Courge spaghetti)

   

かぼちゃなんだけど、麺のように長く細いことから、スパゲッティの代わりに食べられるこの野菜。日本では金糸瓜というそうです。ケベックに住んでからこの存在を知りましたが、フランスにもありました。



そして、うちの義母はこれを特性のトマトソースとソーセージにスパイスとたっぷりのチーズでグラタンに仕上げてくれました。
野菜だから、ヘルシーだし、いくらでもいけちゃいます。


フランスってやっぱり美食の国だなと感激した旅行でした。
ここで紹介した食べ物以外でも紹介できないくらい沢山のおいしいに出会えました。

おいしい食べ物を食べるだけで幸せになれる、うちの子供たちももちろん私もまん丸と太って帰国したのでした。

 

ライター紹介

ライター写真

みあ

保育&日本語教師のみあです。家族でケベックシティに移住してもう3年。娘と息子をバイリンガル教育しています。カメラが趣味で、県のコンテストにも入賞したことがあります。現在は、バイリンガル教育をされてる方向けに、日本語継承の幼児オンライン教室「日本語の幼稚園亅を開いています。
https://canada-life.blog/
ケベック移住ブログを書いてます

ブログ一覧へ

Masumoto Sayakaグラン・ゼコールに見るフランスの一面

投稿日時:2018/05/29(火) 10:00

フランスに興味がある人なら「グラン・ゼコール」という言葉は聞いたことがあるかもしれない。フランスの高等教育機関は、大きく大学とグラン・ゼコールとに分けられる。大学が知識の伝達や研究を主な役割としているのに対し、グラン・ゼコールはエンジニアや官僚、管理職等を育てる役割を果たしてきた。学生の選抜方法にも大きな違いが見られ、大学にはバカロレアを取得した者は登録料のみでほぼ無償、無試験(2018年9月から、定員を超えた場合バカロレアの結果や高校の成績審査等による選抜を実施)で入学することができる。一方で、グラン・ゼコールは個別の入学試験が課せられ、難関グラン・ゼコールに入学するためには高校卒業後「プレパ」と呼ばれる受験準備クラスで二年間の準備をし、非常に厳しい選抜を通らなければならない。また、グラン・ゼコールの多くは学費が高く、経済的に余裕のない者には不利なシステムになっている。フランスのエリートはこれらグラン・ゼコールから多く生み出されている。エコール・ポリテクニークや、国立行政学院、パリ政治学院、HEC経営大学院等は名門校として有名であるが、中心的なグラン・ゼコール十数校の出身者が経済界、政治界などに占める役割は非常に大きい。


パリ政治学院校舎

しかし、グラン・ゼコールの入学者数は出身階層により大きな差があり、上級管理職や教員の子供に比べて、低所得者の子供がグラン・ゼコールに入学する割合は非常に少なく、全体の一割程度である。これは様々な原因が考えられるが、本人の能力だけでなく、親から与えられる文化、子供の学業に対するストラテジー、親の経済力、外国に出自を持つこと等、外部的要因が大きく関わっている。これまでフランスは教育の無償化・義務化による教育機会の拡大、奨学金制度の整備、試験を受ける機会の増加や試験の多様化、困難地区への教育援助等によって、より広い範囲で「機会の平等」を保障する試みを行ってきた。しかし、経済・社会・文化的状況による学業成功の差は未だに大きなものであり、特に高等教育機関ではこの傾向が顕著である。


そんな中、2001年よりパリ政治学院は社会的・経済的に困難を抱える生徒が多く居住するZEP(教育優先地区)の高校と協定を結び、これらから選ばれた生徒を対象として、入学試験の際に従来の筆記試験を免除し、面接と成績審査だけで合否を決めるという選抜方式を導入した。子供達の能力を筆記試験では無く、違う角度から測るというものだ。私は数年前、アルジャントゥイユ市にある協定校の一つを訪問したことがある。パリの郊外に位置し、失業率が非常に高く、治安が悪く、移民や外国人が多く居住しているエリアであった。学業成績も全国平均と比べて低く、グラン・ゼコールに行くということなど考えたことがない生徒も多くいる。日本人が来ることが珍しかったのか、多くの生徒が集まってきて、話を聞く事が出来た。特別選抜制度の存在は一年生では知らない生徒もいたが、三年生はほとんどが知っていた。同校は特別選抜制度の準備クラスを設け、全学年で30名程度の参加者がいた。合格者は毎年数名程度だが、準備クラスに参加した生徒は、パリ政治学院に合格しなくても、他の大学や、グラン・ゼコールに行くという。特別選抜制度に参加しなければ、考えることはなかっただろう道や選択が増え、多くの参加者が高等教育機関に進んでいるという声が聞かれた。


パリ政治学院入り口


パリ政治学院の発表によると、特別選抜制度で合格した学生は、他の学生と変わらない成績を収め、就職も他の学生同様成功している。似たような制度は他のグラン・ゼコールにも広がりを見せているが、これらの制度を利用しグラン・ゼコールに合格する生徒は一部に限られ、全体的に見るとその効果は限定的である。パリ政治学院は「いかなる家庭で生まれ育っても、いかなる社会階層出身であろうと、いかなる文化を持とうと、最も才能と能力のある者は、パリ政治学院に入学する資格がある」と述べている。この「機会の平等」がこれからどのように保障されて行くのか、今後を見守りたい。

Masumoto Sayaka
ブログ一覧へ

Masumoto Sayakaパリの人気パティスリーを巡る

投稿日時:2018/05/16(水) 20:04

パリは美味しいスイーツで溢れていてあちこちで素敵なパティスリーやショコラティエに巡り会うことができる。日本でもラデュレやピエール・エルメなどは有名だが、他にもまだまだ美味しいスイーツがパリにはある。数あるパティスリーの中で私のお気に入りはお店の内装からケーキまで可愛さがたっぷり詰まった「La Pâtisserie des rêves」、今人気の星付きシェフが手掛ける「La pâtisserie Cyrill Lignac」 、そして濃厚で繊細なチョコレートを生み出すショコラティエ「Jacques Genin」である。友人宅にお呼ばれされた時にはこれを持って行くととても喜ばれる。 

16区の高級住宅街、ロンシャン通りの一角にLa Pâtisserie des rêvesがある。ピンクと白を基調とし、子供のような遊び心を散りばめた店内はその内装の可愛さだけでお客を魅了してしまう。ケーキは天井から吊るされたガラスのドームの中に飾られ、その名の通り「夢のパティスリー」を演出している。その中でも一度は味わっておきたいのがパリ・ブレストである。ル・フィガロ紙で最も美味しいパリ・ブレストにも選ばれたことがあるこのケーキは、シュー生地に濃厚なヘーゼルナッツクリームがサンドされ、さらにその中にプラリネクリームが隠れている。食べ始めると止まらなくなる美味しさだ。日本に一度は進出したのだが、残念ながら現在は日本では味わうことができないので、パリに来た際には訪れていただきたいパティスリーである。


 

La Pâtisserie des rêves
http://lapatisseriedesreves.com/fr/

グレーという一風変わった色をしたケーキ「Equinoxe」で大成功を収めたLa pâtisserie Cyril Lignac。一つ一つのケーキが繊細でとても美しい。Palais de Tokyo近くにある店舗を訪れてみると、店内は次々とお客がやってくる。人気ということでEquinoxeを私も試してみると、外見からは想像がつかない味に驚かされた。バニラベースの軽やかなクリーム、塩キャラメルクリーム、ビスキュイが幾層にも重なり、全ての味が心地よく口の中で個性を発揮すると同時に溶け合う。この繊細なコンビネーションが絶妙な舌触りと味のハーモニーを生み出している。グレーのベルベットを纏ったこのケーキは、一口食べてみるとその人気の理由が分かる。Cyril Lignacは他にもショコラティエを展開している。



La pâtisserie Cyril Lignac
http://www.gourmand-croquant.com

まだ日本に未出店のショコラティエ、Jacques Genin。多くの有名ショコラティエが日本に進出しているため、日本に帰国する度にどのチョコレートをお土産に買おうか頭を悩まされているが、そんな時の救世主がここJacques Genin。濃厚さ、口溶け、繊細さ、どこを取ってもバランスの良いチョコレートに、様々なフレーバーの生キャラメルなどが楽しめる。でも私が密かに大好きなのはここのパリ・ブレストである。濃厚な丁度良い甘さのヘーゼルナッツクリームにサクッとしたシュー生地が絶妙にマッチしている。La Pâtisserie des rêvesと甲乙付け難い美味しさだ。ここはチョコレートもケーキも楽しめるお店である。日本に進出する日もそう遠く無いのかもしれないが、心のどこかでパリだけの秘密にしたいと思っている私であった。 

Jacques Genin
http://jacquesgenin.fr/fr/

どれもパリを訪れた際にはぜひ足を運んで欲しいパティスリー、ショコラティエである。

Masumoto Sayaka

ブログ一覧へ

あっきーマスクをしている人は変な人?

投稿日時:2018/05/16(水) 08:31

日本ではこの時期まだ花粉症の方が多いのではないでしょうか。花粉対策にはマストなアイテム、それがマスクですね。最近はマスクの種類も本当に豊富で、女性向けのカラフルなものや、メイクが落ちにくいもの、花粉を水に変えるマスクなんていうものも出てきていますね。その種類にびっくりしてしまいます!
花粉対策、風邪菌の拡散防止、はたまた風邪予防、飛行機では乾燥防止も含めて、生活の中でマスクを使う機会は多いのですが、このマインドのままフランスでマスクを使うとちょっと周りの目が違うのを感じるかもしれません。

なぜなら、フランス人はほとんどマスクをつけないのです!

つけるのは病院にいる方や、相当にまずい状態の人のみです。なので、マスクをつけて街中を歩くと、「この人、マスクするくらいのヤバい人なのに、なんで外歩いているの?」と言わんばかりの視線を感じます。自分ではちょっと風邪でくしゃみも出るし~マスクしておこうかなぁという気軽な気持ちだったりするのですが。
マスクをつけない理由は単純に「息苦しいから」だそうです(苦笑
なので、風邪を引いていても、くしゃみも咳も平気で目の前でします。オフィスでは1人が引くと順番にうつっていきます。
マスク、してほしいですね・・・

知り合いが日本に旅行をした際、電車で2人ともマスクをしているカップルを見たそうです。それがとても摩訶不思議だったそうで、デートなのにお互いの顔がほぼ半分隠れている!と。フランスは特にカップルの愛情表現も多彩ですし、人前でのキスも普通なので、表情も分からないし、キスもできない、マスクをしながらのデートが不思議で仕方なかったそうです。

風邪には有効な手段ですし、マナーとしてもマスクを使うことはとても良いことだと思うのですが、フランスではちょっと faites attention なようです。

あっきー