ブログ詳細

ケベック

極寒のケベックに春が来た!でも...?

rss

ケベックも4月になってやっと春らしい陽気になってきました。
ただ、こちらの春は日本の春とは様子が少し違うので紹介したいと思います。


まずは、天気と気温から。
この天気予報を見た人は、え?冬じゃない?と思うかもしれません。4月になって暖かい日が続きますが、いってもここはケベック。
気温は10度とはいきません。天気予報をみても雪の日もちらつきます。
そんなケベックの冬と春の季節の分かれ目。どのタイミングでケベックに住む人たちは、やっと春が来たね!と思えるのでしょうか?
 

ケベックの春の兆候


①サマータイムの切り替え

ケベック州は3月中旬からサマータイムに切り替わります。この制度のおかげで、日入りが遅くなった感覚になります。真冬には16時には真っ暗になるケベックもサマータイムが適応されるころには、18時ごろまで明るくなるので、春気分になります。

②気軽な外出

常に帽子、手袋、マフラー、ブーツ、着ぶくれするコートを着ないと凍える寒さのマイナス20、30度に耐えた体は、この時期の0度くらいの気温なんてへっちゃらになります。帽子、手袋、マフラーがなくても、スニーカーに履き替えても、コートをユニクロのダウンジャケット1枚だけにしても外出できるようになるので、身も心も軽くなります。

③雪が解け始める

この時期、積もりに積もったケベックの雪は急速に解け始めます。先ほど、ブーツの代わりにスニーカーに履き替えられると書きましたが、安易にスニーカーをはいてしまうと、雪解けのビチョビチョな場所が多いので、すぐに濡れてしまうし、汚れてしまいます。
また、この時期は雨も多くなるので、外出には、雪用ブーツではなく、雨用のブーツがベストだと思います。完全に雪がなくなるのは5月下旬ですが、少しずつ雪で覆われていた芝生が見えはじめると春気分になります。
 

油断は禁物?ケベックの春

前述のようにようやく春気分を味得たと思っていると、翌日にはまた雪、翌々日には吹雪で外出できないなんてこともよくあります。そのため、衣替えも早すぎるとまた整理しなおさないといけなくなってしまいます。
実際に、暖かくなってきた今週の始めに厚めのコートを洗って片づけてしまいましたが、金曜日の雪に備えてコートをまた出さないといけなくなってしまいました。
油断は禁物です。


4月のケベックシティ
 

ライター紹介

ライター写真

みあ

保育&日本語教師のみあです。家族でケベックシティに移住してもう3年。娘と息子をバイリンガル教育しています。カメラが趣味で、県のコンテストにも入賞したことがあります。現在は、バイリンガル教育をされてる方向けに、日本語継承の幼児オンライン教室「日本語の幼稚園亅を開いています。
https://canada-life.blog/
ケベック移住ブログを書いてます