コラムCourrier

コラム Courrier カナダの文化

rss

コラム一覧へ

Yoko街は人。モントリオールの住人インタビュー:LATHE

投稿日時:2019/03/13(水) 04:15


こんにちは!YOKOです。お久しぶりです。
MONTREALへワーホリで来てから半年が過ぎようとしています。

MONTREALに来てまだ数週間も過ぎていない頃、
地下鉄のコンビニで買い物をしたら、「あなた日本人?」とコンビニの店員に話しかけられました。
そうですよと答えたら、彼女は大喜びして、店の奥にいた同僚を呼びに行きました。
アジア系の女性がまた大喜びして出てきて、話を聞いてみると、
彼女の娘はモデルエージェンシーとして働いていて、キャンペーン撮影のため日本人モデルを探しているのだそう。
一回の撮影で1000ドル。
怪しいぞ、気をつけろと思いながら、とりあえず携帯の番号を渡しました。

すぐに彼女の娘からメッセージが来て、数枚の写真を送ったところ、キャンペーンモデルのモデルとして選ばれたと次の日連絡が来ました。
それから1週間後、指定されたスタジオへ。
殺風景で大きな建物に、ビビりまくりながら入ってみると、本当にちゃんとした撮影現場!
隅にはビュッフェがあり、お洒落な女性が「コーヒーはいかが?」と勧めてくれました。
二人の姉妹にヘアメイクとメイクをしてもらい、全身真っ黒な服を着た例のハンサムな男性:LATHEがスタイリスト・アシスタントとして服を選んでくれました。
そんな風に、私はLATHEと出会いました。

街は人です。
言語を勉強するのも、色んな人と出会ってみたいからですよね。
モントリオールで出会った人にインタビューして、街を紹介したら面白いんじゃないかなと思い、今回挑戦してみることにしました。
このアイディアを思いついたのは、ルームメイトが働き始めたカフェ、CAFE OSMOに遊びに行った朝。
午前中にジム通いを済ませて来てくれたLATHEとデカフェを飲みながらお話を聞きました。

LATHEにしたインタビューを読んでいただく前に、
少しMONTREALにおける性文化について触れさせていただきます。
「フリーカップル」や「ストレート」「ゲイ」「バイセクシャル」「Aセクシャル」「レズビアン」…
日本で生活していたら、あまり聞きなれない言葉じゃないかしら。
ここMONTREALの人々は、フランスからの影響を強く受けてか、性に対して非常に開放的です。
多人種が住む都市でもあり、様々な人種同士でも開放的な感じ、差別というのが見受けられません。
日本人同士の会話なら、基本的に相手がストレートなのだという前提で会話が進んでいきますが、
モントリオールでは私と同世代ぐらい(私は現在29歳です)の方と会話するときは、
前提として相手がどのカテゴリーなのかわからない、ストレートだと決めつけないで会話をします。
逆に絶対ゲイかレズの方ではないかと思える外見の人に対しても、そうだとは決めつけないで接します。
最初の簡単な自己紹介をしあう時に、お互いのカテゴリーを聞き合ったりはしません。
それは少しパーソナルでプライベートなことですし、
偏見を持っているような相手には伝えたくありません。
実際個々人でも、自分がどのカテゴリーなのかまだわかっていないかもしれない、
という思いがあったりもします。
ストレートだと多分思うけれど、もしかしたら自分はバイ・セクシャルかもしれない、
ゲイかも、レズかも。
ゲイだと思うけれど、バイ・セクシャルかもしれない。
私はこの態度を素晴らしいと思います。より健康的で、文化的です。
またこの態度を身につけたなら、自分では体験できないことや、自分では気づけないことを仲良くなった相手から教えてもらえたりして、会話が弾みます。
またこの態度は、フランス文化、フランス人と沢山出会って仲良くなるために大切なことです。
フランスといえばファッションや、芸術、哲学、美食などが思い浮かびますが、特にそういった分野に深く関わる人ほど、性に対して開放的な人が多いように思うからです。
MONTREALの住人の一人を紹介するにあたって、私は彼のカテゴリーをここに明記したくない、同時に彼の視点や素敵な生活をみなさんにご紹介したいということで、長々と書かせていただきました。

LATHEと知り合って数ヶ月が過ぎました。
LATHEというのは彼の名字なのですが、とても可愛いので、彼をLATHEと呼んでいます。
一緒におしゃれなカフェに行ったり、夕飯を作って招待しあったり、香水のサンプルをもらいに行ったり、お洋服を見に行ったりして過ごしています。
そんなLATHEから、彼のフランス語学習経験やモントリオールでの暮らしについて伺いました。


Keegan Lathe-LeBlanc




LATHEはモントリオールから車で数時間ほどのところにあるトロント出身。
少し離れただけなのに、トロントは英語圏。なので彼の母国語は英語だけでした。

「MONTREALに来たきっかけは?」
ーー大学に行くため。
  高校の哲学の授業で哲学が好きになって、大学で哲学と宗教を勉強することにしたんだ。
  最初は1年オタワの大学に通ったんだけど、モントリオールの大学に変えることにした。
  そのほうが挑戦的だと思ったから。
  スラヴォイ・ジジェイやミシェル・フーコーが好きでね。
  パノプティコンについてのレポートを書いたりしたよ。

「MONTREALについてどう思う?」
ーー初めてモントリオールを訪れたのは10歳の時。
  父が仕事でモントリオールに一時期住んでたから。
  2回目はガールフレンドと一緒に来たんだ。
  その時にトロントとすごく違う場所だと思った。
  モントリオールの人々はトロントの人々よりもずっと何に対してもオープンだなって。
  それでもパリで一年過ごしてモントリオールに帰ってくるまでは、
  モントリオールのことをちゃんと知っていたとは思わないよ。
  フランス語を話せるようになって、だいぶ変わったんだ。
  英語が通じるから、フランス語が話せなくてもモントリオールで過ごすことはできる。
  でもフランス語が話せないと、モントリオールの半分も知れないんだ。
  それに地理的にモントリオールがそんなに大きすぎる街でないことも好きだよ。
  トロントは東京みたいに大きいからね、友達に会いに行くのに1時間半かかったりするよ。

「フランス語を勉強し始めたきっかけは?」
ーーモントリオールに住むようになってからかな。
  スーパーに行くんでも、表示が読めないし、店員とコミュニケーションが取れなかった。
  しょっちゅうイライラしてたよ。
  人々が何話してるかわからなくて、モントリオールにいてもここにいるって感じがしなかったんだ。
  それでも、もっとモントリオールにもっといたいと思った。
  そのためには、フランス語をもっと勉強しなくちゃと思ったんだ。

「フランス語はどうやって勉強したの?」
ーーカナダではみんな小学生の時からフランス語を勉強するんだ。
  でも全然話せなかった。トロントではみんなそんな感じだったよ。
  学校で勉強しても、超簡単な言葉しか話せなかった。
  モントリオールに来てから、大学を少し休学してフランス語の学校に通ったんだ。
  それからパリに行った。
  パリに行っても最初は全然話せなかったよ。
  最初パリで始めた職場ではみんな英語が話せたし、お客さんもみんな英語が話せた。
  それでフランス語でしか話せない職場に変えたんだ。
  それからハリー・ポッターをフランス語で読み始めた。
  映画を見てたから、どんな内容が書いてあるか推測できたからね。
  そしたらいきなりフランス語のレベルがどんどん上がったんだ。

「パリでの暮らしはどうだった?」
ーー21歳の時だった。ワーホリビザで1年と少し滞在したよ笑
  人々は全然フレンドリーじゃないし、僕と友達になることに興味がなかった。
  5回も引っ越したよ。僕はすごい貧乏だったし。
  フランス人じゃないと、アパートを探すのはすごく大変だし、
  長い契約期間で住む場所を見つけられなかったんだ。

「パリのゲイってどんな感じ?」
ーーゲイっていうのは、どこにいても同じなんだよ。
  どんな風に誘うかとか、どんな人ならゲイかっていうのは国ごとに違ってるけどね。
  例えばモントリオール近くの小さな町に行って、スカーフを巻いている男がいたら間違いなくゲイ。
  でもパリではスカーフを巻いていても、オシャレのためであってゲイとは限らないんだ。
  
「フランス語の習得で何が一番大変だった?」
ーー自信がなかったことかな。
  フランス語で話しても、全然何言ってるかわかってもらえない気がした。
  それにフランス語で話す機会を見つけるのは難しかったよ。
  みんな英語で話せちゃうからね。
  それにフランス語で話しているときは、自分がバカになった気がした。
  言語を習得し始めるときは、みんな子供っぽくなってしまうからね。

「フランス語を習得してから、どんな風に人生が変わった?」
ーー職種が広がったよ。
  それにモントリオールにいて孤独感が消えた。
  その前はここにいるだけだったけど、フランス語を話せるようになってからは、
  自分もここの住人の一人だと思えるようになったんだ。


  
「モントリオールで現在どのような生活をしている?」
ーースタイリストとして働いたり、ルームメイトと過ごしたり、カフェやジムに行ったり。
  よく友達と映画を見に行くよ。
  夏になったら公園でピクニックしたり、プールで泳いだりする。
  あとはイケアに行くのが好き笑
  彼氏と映画を見たり、レストランに行ったり、ハウスパーティーに行ったりもするし、
  あるいは僕がスケートボード、彼が自転車に乗って色んなところに行ったりもするよ。

「モントリオールでお気に入りの場所は?」
ーーベッドの中が一番笑
  でもそれ以外だったら、すごく大きな廃墟が昔あったんだ…壁中にグラフィックアートがあった。
  もうなくなっちゃったんだけどね。
  あるいはマギル大学。建物が美しいからね。
  もう卒業しちゃったけど、たまに行くよ。
  レストランならL'Avenueがお気に入り。

「スタイリストの仕事を始めたきっかけは?」
ーー博士課程から卒業しようとしていた時に、これから何をしようか考えてた。
  ボランティアをしたり、色んな会社を調べたりしたよ。  
  「どんな仕事ができるかな」って考えてた。
  そんなある日、ファッションショーで働いていた友人に観に来ないかって誘われたんだ。
  観に行ったら、ついでに手伝ってみないかと言われた。
  それで友人がスタイリストの仕事をしているのを見ていた。
  これなら僕にもできる、面白い、とっても素敵だと思ったんだ。
  最初はインスタグラムを通して、どうしたらスタイリストになれるか調べたりしたよ。

「最初の仕事はどんなのだった?」
ーースタイリストとして初めてお金を稼いだ仕事は、
  ずっと憧れていたスーパーモデルのCoco Rochaとだったんだよ!
  超簡単な仕事、服を包んで店に返すだけだったけど。
  それからアマチュアで集まって写真を作って雑誌に送ったりしたよ。
  お金を稼げるかは後にして、ともかく写真を作って送ったんだ。
  それからコネクションを通して、アシスタントの仕事ができるようになったんだよ。

「今までモントリオールで過ごしてきた中で、一番素敵だった日のことを教えて」
ーー元カレとの最初のデート。
  Aux Vivres Papineauっていうレストランに行ってテイクアウトして、
  Eglise Saint-Enfantt-JEsus du Mile-Endに行って食べたんだ。
  彼はスケートボードを買ったばかりで、スケートボードの仕方を彼に教えたよ。
  Mile-Endにあるお気に入りのスポットでスケートボードをしたよ。
  すごく暑い夏の日だった。
  夜には森に行って、寝転がって星を見たんだ。


(Aux Vivres Plateau)


(Eglise Saint-Enfant-Jesus du Mile End)

美術館がある、ストリートアートがある、公園がたくさんある、国際的なレストランがたくさんある、教会がある、大学がある…
どんな人々が住んでいるか、人々が何を大事にしてるかが、街には反映されます。
MONTREALには素敵で文化的に豊かで健康的で開放的な人々が沢山います。
そういった人々が、楽しく暮らしている街がMONTREALです。

YOKO
 
コラム一覧へ

Yokoモントリオールから日帰り旅行:Quebec City & Ottawa

投稿日時:2019/01/27(日) 04:57

 

こんにちわ!
現在モントリオールにワーホリで滞在中のYOKOです。
日本も冬真っ盛りでしょうが、こちらの冬に比べれば日本の冬はとても暖かいです。
モントリオールの冬は11月頃に始まり、雪が降り始め、アイスストームになり、道路はぬかるみ、マイナス20度、体感だとマイナス35度、なんていうとんでもない冬が3月頃まで続くらしいです…
ですが、暖かいコートや靴を買えば、そんなに辛くもありません。
むしろ、アイススケートやスキーをするために、こちらに住む人々は、早く寒くなるのを待ってたりします。
ちなみにこちらは寒すぎて、インフルエンザ菌が生き長らえないそうです。

今回はモントリオールからの日帰り旅行体験をお届けします!

1. QUEBEC CITY
 

ケベックシティは、モントリオールから車で2時間ぐらいのところにあります。
Carpoolingを利用して、往復で25ドルで日帰りのカップルの車に乗り行ってきました。
写真はケベックシティの横を流れるSt. Laurenceを撮ったものです。
とても大きな川で、氷が張る中を船が進んでいきます。
 
 

CarpoolingのカップルがChute-Monmorencyに行くというので、ついでに連れてってもらいました。
モンモランシー滝はケベックシティから車で30分ぐらいのところにあります。
看板を見ていただければわかるように、少し危険ですが、冬の滝は凍りついて、周囲は何もかも真っ白、ナイアガラ滝よりも30メートル高い壮大な滝が見れます。
 

ケベックシティは、冬になるとアイスホテルや花火大会やカーニヴァルがあったりしますが、街観光は正直1日の日帰りで十分です。
写真はPetit Champlainという通りで、ヨーロッパ風の可愛らしい通りです。
クリスマスシーズンに行ったので、聖歌隊が歌い、サンタクロースが子供達と写真を撮ってたりしました。

ケベックシティでの私のオススメはCiel!という回転レストラン
あの高い建物はなんだろうと思い登ってみたら発見しました。
ホテルの最上階にあり、本当に回転します!
レストランは高いけれど、カフェとしての利用もOKなので、ホットチョコレートやクリームブリュレ、あるいはカクテルなんかを飲みながら、ケベックシティの夜景を見れます。

2. OTTAWA
 

オタワはモントリオールからCarpoolingを利用して大体3時間半ぐらい、往復40ドルでした。
Carpoolingはとても便利です。バスや電車を使うよりずっと安いので、ぜひ活用してみてください。
 

オタワはカナダの首都です。
写真は国会議事堂を撮ったもの。
私はタイムオーバーで入場できませんでしたが、国会議事堂の中の図書館はとっても素敵らしいので、もし行くならスケジュールを組んで行きましょう。
またオタワには幾つもの大きな博物館や美術館があります。
私のオススメはカナダ歴史博物館、カナダの歴史をこの博物館に行けば一通り見て回ることができます。
ちなみに木曜日は、平均入場料20ドルの博物館や美術館が入場無料!なので木曜日に早起きして、出来るだけ見て回るのをお勧めします。
 

歴史博物館で特に印象に残ったのは、1995年のケベック独立住民投票のことでした。
独立賛成あ49.42%、反対が50.58%、本当に微差でケベック州はカナダに残ることになったんですね。
 

オタワではJail Hostelに泊まりました!
中は本当に、こんな感じ。昔刑務所だった建物を改装にしてホテルにしてあります。
 

これがお部屋のドアです。下と上に隙間があるので、隣の部屋の音も自分の部屋の音もモロに聞こえます。
なので隣の部屋の人たちが夜中までワイワイ騒いでると、うるさくってとても迷惑です。
とてもユニークな経験(牢獄ってこんなにストレスフルなんだなあ)ができますが、ゆっくり休みたい方には本当にお勧めしません笑
 

お部屋の壁にはどんな囚人がその部屋にいたのかそれぞれ書いてあります。
 

お昼前に宿泊者はJail Hostel Tourに参加できます。
写真は階段を撮ったものです。
自殺者が複数出たために、こうして鉄格子がはめられることになったんだとか。
今は改装されて窓の鉄格子にはちゃんとガラスが張られていますが、刑務所であった時はガラスがなかったそうです。このカナダの冬を窓ガラスなしの、コンクリートの部屋に毛布もなしで閉じ込められる…想像するだけで恐ろしいです。
劣悪な環境で、判決が下されるまでの間、例え無実でも閉じ込められて、待っている間に精神的・肉体的に耐えきれない人が多くいたそうです。
カナダでは1963年まで絞首刑が執行されていました。
死刑囚の牢獄や、絞首刑が執行された場所なども見学できます。

カナダの四季はとても激しく変化するので、同じ街でも、冬に行くのと夏に行くのでは全く違うと思います。
モントリオールに来たら、ぜひ日帰り旅行に挑戦してみてくださいね!

YOKO
コラム一覧へ

KAZUMIケベック語を学ぼう

投稿日時:2018/11/08(木) 17:25


 
 モントリオールに来て早1年と3ヶ月。以前住んだことがあるといっても、たったの1年半足らずで、フランス語は初心者だったので、フランスのフランス語とカナダのフランス語の違いなど当時は分かるわけもなく…。カナダ人に「今すれ違った二人組フランス人だよ。発音が違う。」と言われても、へぇと感心するしかありませんでした。

 フランスで8年過ごして戻ってきた今、カナダ人のフランス語(ケベック語と言い換えます)を聞くと、その違いは明らかです。まず発音が全然違う。厳密にはフランスにも地方によって発音の違いはありますが、そもそもケベック語とフランス語は母音が全然違うのですぐわかります。またフランスでは使わない単語や、表現もたくさんあります。今回はこの1年で特に耳にした、気になったケベック語の特徴をまとめてみました。

 

【その1 】

 

ケベック州はカナダの中でも唯一フランス語が第一公用語となっている地域なので、フランス語を守る情熱は並々ならない。フランスでは取り入れられている英語(un anglicisme)もとことんフランス語にする。

 

  • chien-chaud 〔ホットドッグ〕… hot dogの直訳。でもこれは都市伝説なのか、昔の言葉なのか、ほとんど見ません。 今は普通にhot-dogと言います。
     
  •  bienvenue 〔どういたしまして〕… merciに対する受け答えとして、フランスではJe vous en prie.とかDe rien.を使いますが、ケベックではBienvenue.と言います。英語のYou’re welcome.のwelcomeから来ているようです。
     
  • fin de semaine 〔週末〕… フランスでは英語と同じくweek-endです。
     
  • clavarder 〔チャットをする〕… フランスではchatterもしくは tchater。これもあまり聞いたことがありません。そもそもチャットをするという表現がすでに時代遅れなんでしょうか?ちなみにフランス語で「スカイプで話す」はskyperという動詞が使われます。
     
  •  bon matin 〔おはよう〕… これもケベックに来て初めて聞きました。good morningの直訳でしょう。フランスでは朝も昼もbonjour一本です。
     
  • courriel 〔電子メール、Eメール〕… courrier électronique, 略してcourriel。フランスでもcourrielは使われるようになって来ましたが、普段使いはe-mail, mail。
     
  • stationnement 〔駐車場〕…フランスでは駐車場はparkingを使います。stationnementは駐車をする行為のことを指します。


【その2 】

 

フランス語を守ろうとする割には、(他のカナダの英語圏との兼ね合いか、はたまた隣国アメリカの影響か)英語をそのままフランス語風に使うのも全然アリ。

 

  • joke = [une blague] 〔冗談 〕ex.)  C’est une joke.
     
  • cute = [mignon] 〔かわいい〕ex.)  C’est cute ça.
     
  • canceller = [annuler] 〔キャンセルする〕ex.)  Le camping est cancellé.
     
  • checker = [vérifier] 〔 確かめる〕ex.)  Il faut checker la date.
     
  • gang = [le groupe d’amis , la bande]… 日本語のギャングの意味はなく、友達という意味合いで使われます。
     
  • change = [monnaie] … 両替や着替えの意味だけでなく、小銭という意味で使われます。ex.)  Je n’ai pas de change.
     
  • napkin = [serviette en papier] …日本でも紙ナプキンと言いますね。
     
  • fun = [amusant] 〔楽しい〕  ex.) C’était le fun.

 

【その3】

 

フランス語と違った意味を持つ単語。

 

  • misère … フランス語で「惨めな」とか「苦痛」を意味しますが、ケベック語では単に「難しい」を意味しています。 ex.) J’ai de la misère. = J’ai de la difficulté.

 

  • fin(e) …フランス語で「細かい、繊細な」、ケベック語では「優しい」と言う意味でも使います。
    ex.) Tu est fine. = Tu est gentille.

 

  • écœurant …フランス語で「吐き気を催させる、胸をむかつかせる」、ケベックでは正反対の「美味しい」の意味で使われることもあります。

 

  • plate  …フランス語で「平らな」と言う意味ですが、残念[dommage]とかつまらない[ennuyeux]という意味で使われます。男女同形です。 ex.) Le film était plate.

 

  • chialer …フランス語で「泣く」と言う意味ですが、フランスでは日常的に使いません。ケベックでは「不平を言う」と言う意味で頻繁に使います。 ex.) Tu chiales tout le temps.

 

【その4】

 

フランスで聞いたことのない単語、表現。

 

  • niaiser〔からかう、バカにする、ぐずぐずする〕… ケベックでかなり頻繁に聞く言葉です。使い方が多様なので、私も未だに全ての意味を理解できていません。単に「嘘でしょ?!」というニュアンスの時にもTu me niaises. と言うそうです。
    ex.)  Tu me niaises? = Tu te moques de moi? 〔からかってる?〕
           On n’a pas le temps de niaiser. 〔ぐずぐずしている暇はない。〕
     
  • abrier = [couvrir]〔(掛け布団などを)かける〕… 娘が保育園で覚えてきた言葉。私もフランス人の夫も意味がわからず、当初は混乱しました。(辞書で調べて意味を理解しました。)
     
  • tiquidou = [C’est d’accord] 〔オッケー!〕… ケベック歴の長いフランス人の友人がよく使っているので、彼独自の口癖だと思ったら、ちゃんとしたケベック語でした。
     
  • faire le bébé-la-la = [faire le gamin] 〔子供じみた真似をする〕… 4歳の娘がわがままをしたり赤ちゃんみたいな振る舞いをする時によく使います。保育園でもよく言われているようです。

 

  • quétaine = [ringard(e) , démodé, mauvais goût, laid(e)] 〔ダサい、時代遅れな〕… quétaineという言葉をぜひ画像検索してみてください。言葉で説明するより分かりやすいかと思います。

 

【その5】

 

ケベックでは普段使う名詞がフランスのものとかなり違います。気になったものをいくつか…。

 

  • char =  [voiture]〔車〕
  • bec = [bisous] 〔挨拶のキス〕
  • écouter la télé = [regarder la télé]〔テレビを見る〕
  • fermer la lumière = [éteindre la lumière] 〔電気を消す〕
  • foin = argent〔お金〕… foinとは干し草のこと。フランス語でもblé(小麦)がお金を表します。
    ex.) avoir du foin
  • bas = [chaussettes] 〔靴下〕
  • blé d’Inde = [maïs] 〔トウモロコシ〕
  • yogourt = [yaourt] 〔ヨーグルト〕 ※綴りが違います
  • bleuets = [myrtilles] 〔ブルーベリー〕
  • chandail〔上衣、トップス〕…シャツ以外のものはほぼchandailと言えます。
  • tuque 〔ニット帽〕
  • vidange = [déchets, ordures] 〔ごみ〕
  • rabais = [réduction] 〔割引〕
  • sécheuse = [sèche-linge]〔乾燥機〕
  • laveuse = [lave-linge]〔洗濯機〕

 

※ フランス語とケベック語の母音の違いについては、こちらのYouTubeのビデオが面白おかしく解説しています。(とても早口ですが)

 

 

※ こちらはケベック人がケベック語について紹介しているビデオです。フランス人との違いがはっきり分かるかと思います。

コラム一覧へ

Yokoモントリオールへワーホリ・留学のススメ!

投稿日時:2018/11/04(日) 13:07


こんにちわ!

初めまして!YOKOです。

29歳ギリギリワーキングホリデー(「ギリホリ」とワーホリ仲間の間では呼んでいます)で、
カナダ・モントリオールに10月1日から滞在し始めました。
フランス語学習者の皆様、あるいはこれからフランス語を学びたいと思っている方々へ、
フランス語圏の一つであるモントリオールでのワーホリ滞在記をお伝えしていきます。
今回はフランス語学者の皆様に、モントリオールへワーホリ・留学する素晴らしさをお伝えしたいと思います。

モントリオールへおいでませ!
 


(↑10年ほど前にモントリオールへワーホリに来た兄とその仲間たち。
兄からモントリオールを紹介されて、私はモントリオールに来ることにしたんです!
10年前に友人になった兄たちは今もずっとお友達です。
私もそんなお友達がここ、モントリオールで作れるといいなあ…)


1. ビザが比較的簡単に取りやすい!

私は5年ほど前、フランスにもワーホリしてました。
フランスへのワーホリは、仲介業者を通さずとも、健康保険(最低当時10万ぐらい)、往復航空チケット(10万ぐらい)、キャンパスフランスへの登録料など含め、30万円ほど申請前に支払わねばならず、さらに30万円ほどの残高証明も必要で、大使館まで行って申請しなければならず…
しかもフランスのワーホリは却下される場合もあるので、そしたら準備した保険や航空券はパアになるので、本当に不安で大変でした。

ところが今回カナダへのワーホリを自分で申請してみたところ、
ネットで申請できる!
沢山の日本人がカナダワーホリに行っているので、ネット申請のやり方も色々なサイトに載っている!
家族や住所などの情報と、履歴書とパスポートのコピーを取るぐらいでOK!
事前に飛行機チケット取らなくてOK!
…などなど、フランス・ワーホリ申請よりもずっと簡単で、申請料にざっとまとめて3万円ぐらいかかっただけでした。

しかも申請した次の日に、ビザの許可書が届きました!
(ネットなどの情報によると通常3日~2週間ぐらいかかるそうなので、早すぎて追加書類が必要な通知かと思いとても焦ったぐらいです)

しかもカナダであれば日本人の場合6ヶ月間まで、ビザの申請なしでも滞在できます。
そんなわけで、フランス語圏のワーホリや留学をお考えでしたら、フランスに行くよりずっとカナダの方が門戸が広く簡単です!


2. 思ったよりずっとフランス語圏!困った時は英語が通じる!

カナダ?え?フランス語圏あるの?って方もいますよね笑
私もその一人でした笑

モントリオールを含むケベック州はフランス語を第一言語としていて、第二言語が英語のみんな大体バイリンガルと言われています。
実際来るまでは、まあでも英語圏だからみんな英語の方をよく話してるんじゃないかなと思ったんですが、
街を歩けば、ずっとフランス語の方が聞こえてきます。
お店のレジに並べばまずフランス語ですし、メニューもまずフランス語ですし、駅などの表記や通知もフランス語です。
フランス語がわからないと、恥ずかしいぐらいです。

しかもモントリオールの人はみんなバイリンガル。
フランスの場合は、パリならまあまあ英語が通じますが、フランス語で英語話すんじゃないよと嫌な顔する人もいますし、地方に行くほど英語は通じません。
なのでフランス語でなんて言うか忘れちゃった、ちょっと今急いでてそれどころじゃないって時に、英語が通じるのはとても便利です。
モントリオールの人は全く嫌な顔せずに英語にすぐに切り替えて話を進めてくれます。


3. お洒落で素敵な芸術色豊かな街

モントリオールは、お洒落で素敵な街です。
フランス語を学ぶ人なら、やっぱりフランス語文化のお洒落で素敵なとこが気になりますよね!
モントリオールは、フランスの街に劣らず、魅力的な街です。
 

中央にMont-Royalという小さな山があり、その山を囲むようにして地下鉄が走り、街が広がっています。
なのでMont-Royalに登ると街が一望でき、古くて可愛らしい街並みと、Mont-Royaleの標高よりは高くないビル群や最新現代建築のある景色が見れます。
 


ほとんどの大通りには街路樹が植えられていて、街の隙間にはストリートアートが見られます。
美術館も沢山あり、コレクションはパリの量には及びませんが、常設展にあるコレクションの質はとても高く、ここでしか見られない傑作が並んでいます。
私は美術館巡りが好きなのですが、モントリオールの美術館の常設展を見て(しかも30歳以下なら常設展が無料の大きな美術館があります)、モントリオールに惚れ込みました。
 



大聖堂が幾つかあり、街の至る所に教会があります。
オールド・モントリオールに行けば、面白くて素敵な雑貨屋さんが沢山!
可愛いカフェや、素敵なレストランも沢山!
 


しかもビルやレストランが沢山あるダウンタウンを除けば、山や公園や住宅区には、なんと、沢山リスがいます。
最初はリスがいる!と思ってとても驚きましたが、至る所にいるのですぐに慣れてしまいました笑
 




Plateau地区へ行くと、独特な階段のついた建物を沢山見ることができます。


4. カナダドルはユーロよりずっと安い

今日1ユーロは128円ですが、1カナダドルは86円です。
パリの一人暮らしは800ユーロから1200ユーロぐらいします(日本円で平均13万ぐらい)。
フランスの地方であれば、400ユーロから600ユーロぐらいです(平均6万円ぐらい)。
モントリオールであれば、ルームシェア(一人一部屋ありますよ)で350カナダドルから700カナダドル(平均5万円ぐらい)。
モントリオールで一人暮らしなら600カナダドルから900ドルぐらいです(平均7万円ぐらい)。

なので、日本円から留学を考える場合、モントリオールは比較的安く行けます。


5. 仕事が見つかりやすい

モントリオールでは10年以上前から日本食ブームが続き、沢山の日本食レストランがあります。
英語とフランス語が両方ある程度話せれば、カフェなど、あるいはそれ以上の仕事が見つかるでしょうが、
そうでなくても仕事が見つかるのがモントリオールの魅力の一つです。
英語もフランス語も全く話せない!という状態の人でさえ、日本食レストランの調理場などでお仕事を見つけられます。
また日本食レストランなら、英語がある程度話せるだけで、フランス語はまだまだでもサーバーの仕事が得られます。

私も実際モントリオールに到着後仕事探しを始めたのですが、探し始めて3日後には日本食レストランで働き始めました。
フランスでは日本食レストランでも、日常会話以上のフランス語が話せないと仕事がほとんど見つからないので、そんなに貯金がなくとも来てしまえば仕事も見つかり、なんとか暮らしていけるはずです!


6. 住人たちの人柄が良い

モントリオールに到着したばかりの時、携帯の電波がなかなかつながらず、Google Mapが使えなくて焦ったのですが、
隣の人がwifiを貸してくれたり、自ら携帯のGoogle Mapを使って道を教えてくれたりと本当に親切な人ばかりでした。

フランスの場合だと、スーパーの店員は大体機嫌が悪く、だらだらした印象なのですが、
モントリオールのスーパーの店員は機嫌が良く、気持ちよく働いています。
レストランでも、チップが15%以上確実に払われる習慣のためか、店員はとても気持ちよく対応してくれます。
実際サーバーとして働いてみると、本当にチップは大助かりです。
15%払ってくれると思うと、笑顔でできるだけの対応をせずにはいられません笑

道行く人も、微笑めばほほ笑み返してくれます。


7. イベント盛りだくさん!

Festival大好き!フリーマーケット大好き!コンサート大好き!どんなイベントもあると聞けば行ってみたい!
そんなあなた、モントリオールは世界で最もイベントの多い街の一つです。
夏にはジャズフェス、アートフェス、花火大会など…
冬にはエレクトロフェス、スケート、食のフェスティヴァル…
フリーマーケットはほぼ毎週どこかしらでやっています。
他にもオルガンコンサートが毎週どこかしらの教会で。
夜も入れる美術館、プロジェクターマッピング…
本当に目が回るほどイベントが沢山あります。
 
 
 

10月、沢山の人々が紅葉を見るためにモントリオールに訪れます。
私も郊外まで車でドライヴへ連れてってもらい、紅葉を見に行きました。
こちらの紅葉は、日本とは違い葉が一枚一枚大きいためか、ダイナミックな色合いをしています。
他ジャンタロンマーケット(旬な野菜や果物が安く沢山売ってる!)や週末だけ開いているフリーマーケットを見に行ったりしました。


いかがでしょう?私はこちらに来て2週間でモントリオールがもう大好きになってしまいました!
皆さんにも、モントリオールのことを好きになってもらえるよう、情報を発信していきたいと思います!

YOKO
コラム一覧へ

KAZUMI夏は短しモントリオール

投稿日時:2018/09/13(木) 20:46

 今年の夏はどこもかしこも猛暑でしたね。日本の猛暑は想像に難くないですが、モントリオールも今年は蒸し暑い日々が続きました。
 ちなみに2週間という短い期間でしたが、旅行で訪れたフランスも毎日暑く、家族や友人宅へお呼ばれの度にクーラーのないフランスのアパートを恨みました。

  
  快晴!のフランスの港町

(*余談ですが、パリの建物は古いので、クーラーが簡単に取り付けられません。モントリオールはパリに比べれば、公共の場所にはほとんどクーラーが設置されています。クーラーのない家も多いですが、今年は窓に取り付けるタイプのものが飛ぶように売れていました。)

 

 そうは言ってもモントリオールの夏は短い!だいたい「夏」と呼べるのは2ヶ月半と言ったところでしょうか?それゆえに、キャンプに行ったり、ベランダや庭でバーベキューをしたり、プールに行ったり、公園で一日中寝そべって本を読んだり…モントリオールの人々は一瞬たりとも夏を無駄にしないように過ごしている印象を受けます。その証拠に、夏は毎週といって良いほどフェスティバルやイベントが目白押しです。例を挙げると、

 

Formula 1 Grand Prix du Canada(F1カナダグランプリ)

Francos de Montréal(フランス語音楽の祭典)

Festival International de Jazz de Montréal(国際ジャズフェスティバル)

Montréal complètement Cirque(サーカスの祭典)

Festival Juste Pour Rire(笑いの祭典)

Piknic Électronik(毎週日曜に開かれるピクニック+エレクトロニック音楽)

L’international de Feux Loto-Québec(1ヶ月間毎週土曜に行われる花火大会)

Matsuri Japon(日本のお祭りもあります) etc.

 

 また、至る所でサイドウォークセール( ventes de trottoir)やフードフェスティバルが開催されます。

 

 このように数多くのイベントが開催されるなか、我が家では8月の終わり、オールドモントリオールのMarché Public dans l’ambiance de 18ème siècleというイベントに行ってきました。
 
 カナダにフランス人が入植してきて、410年、昨年はモントリオール市ができてから375年ということで数々の記念行事が行われていましたが、では、当時の生活はどうだったのかというと、少し想像できませんよね。その想像力を掻き立ててくれるのがこのマルシェ。オールドポートの考古学歴史博物館、ポワンタキャリエールでもう25年もやっている博物館の一大イベントの一つらしいです。
 
 18世紀にモントリオールに初めてできたマルシェを再現したこのイベントでは、茹でたトウモロコシやパン、サラミ、シードルやメープルシロップなどが並ぶかたわら、当時の生活を紹介するスタンドが数多く連なります。かごや箒の作りかた、羊毛からの毛糸の紡ぎ方、鍛冶屋や陶芸のデモンストレーションなど。

    
 
  
 

 モントリオール(当時の名はヴィルマリーVille-Marie)はセントローレンス河(fleuve Saint-Laurent)の河沿いにできた港町なこともあり、船に関するスタンドもいくつかありました。小舟の底にニスを塗って補強をしてみせたり、様々なヒモの結び方(船同士を繋げる結び方やマストに人を掲げる時の結び方等)を紹介したり。

  
 

 当時船は本国フランスとの唯一の交通手段だったので、重要な役割を果たしていたと想像できます。またNouvelle-Franceだけでなく、先住民のスタンドもありました。各スタンドの間には当時の衣装を纏った人々が音楽を演奏したり、寸劇を披露したり。まるで当時の市場に迷い込んだような雰囲気でした。

  

 

 印象的だったのは、箒を作って売っていたアーティストの、「箒に使う草は端まで無駄にならない。硬い部分はcure-dentsとして使っていたのよ。」という言葉。Cure-dents、いわゆる爪楊枝。こちらにも日本の爪楊枝に似たようなものがスーパーの日用品コーナーにありますが、当時はこういったものは無かったわけで、箒を作るときの端の部分を取っておいて、爪楊枝がわりにしたり、焼き菓子の焼き具合をみるための竹串がわりにしていたようです。

 

 

 最終的に、娘は「魔女の宅急便」のキキの持っているような箒をパパに買ってもらい大喜びでした。私はこの、丁寧に使えば最低30年、修理に出せば一生使える箒を使って、いつか娘がきちんとお掃除してくれる日を、首を長くして待つことにします。

   

 


KAZUMI

コラム一覧

  • Masumoto Sayaka
    気づけばパリ在住歴も長くなってきました。ホットなパリ情報をお届けします。
  • オノザキ ユキ
    アフリカの隅っこギニアから全く新しい「仏語圏」の世界をお届け
  • KAZUMI
    在仏語圏早10年、一児のママンの気づきを気ままに綴ります。
  • Yoko
    目指せQuébécoise ! モントリオール・ワーホリ滞在記
  • ゆかたん
    フランス文化圏『ベルギー・ブリュッセル』に住む駐在妻レポート

コラム最新記事

記事テーマ