コラム個人トップ

KAZUMI ブログテーマ:日常

6月 ポプラの綿毛が雪になる

[日常] 投稿日時:2019/06/30(日) 02:03

 いよいよモントリオールも暑くなってきました。

 並木の木々は生い茂り、至るところに緑があふれています。

 マルシェでは野菜だけでなく、たくさんの草花が売られ、多くの人が買っていきます。みんな短い夏を満喫しようと必死です。

 

 

 

 話は変わりますが、日本にいた時は花粉症だった私も、フランス、カナダではそれほどひどいアレルギー症状に見舞われたことがありません。花粉の種類が違うのか、日本ほど花粉が飛んでいないからなのか、理由はわかりませんが。

 そんなわけで、こちらではとても快適に過ごしている私ですが、モントリオールの6月上旬から中旬にかけては、私にとっては唯一1年でもっとも辛い時期に当たります。なぜか?それは花粉(le pollen)ではなく、ポプラの種(la graine)のせいなんです!

 

 実は去年もこの綿毛の被害にあい、タンポポにしては種も綿毛も大きいし、(確かにモントリオールにはタンポポもいっぱいあるけれど。)場所によって綿毛が舞っているところと舞っていないところがあるので、一体どこからくるんだろうと、ずっと思ってはいたのですが、今年に入ってようやく正体が判明しました。

 

正体はこちら、ポプラの木(peuplier deltoïde)。

 

 

 かなり背の高い木だし、街中いたるところに並ぶメープル並木にかすんでよく見えなかったのですが、実はこんなに大きな実が、びっしり。

 

 

それが全て開花して、綿毛となって雪のように道路を覆うのです。

 

 

 あれ?でもポプラってもっとすらっとした木じゃなかったかな?気になって調べてみたら、ポプラには雄と雌があって、雌の木は大きく横に広がり、種を飛ばすらしいのです。

 でも、花粉ほど小さく(microscopique)はないので、くしゃみ鼻水、目の充血にはならないのですが、この綿毛の繊毛が鼻をくすぐり、まつげに絡み、毎日目に異物感を感じる羽目に。

 

 そうはいっても一番のピークは毎年ほんの2、3週間。花粉症の辛さに比べたらそうそう文句も言っていられません。(この記事を書いている時にはほんの1週間程度の差ですが、もうピークは終わってしまいました。)

 

 ようやく原因となる木が特定できたので、来年はポプラの木の近くを避けて歩くことにします。因みにアパートを探す上でもこの木の近くは避けたほうが良さそうです。でないと庭は綿毛で真っ白になり、この時期はバルコニーでBBQも出来ませんから。


KAZUMI

 

エコレスポンサブルな生活

[日常] 投稿日時:2018/12/17(月) 02:01

 今年私がSNSで数多く目にした記事の一つに、海洋プラスチック問題に関するものがありました。死んだクジラの体内から出てくる大量のプラスチックやウミガメの手に絡んだプラスチック、また海に広がるゴミベルトなど、あまりの衝撃的なイメージに目を見張るものがありました。皆さんはどうでしょうか?

 

 一度の使用で捨てられるストローやプラスチックのフォークやナイフ、ビニールの買い物袋等、リサイクルにも回されないので、ゴミとして捨てられ、海洋汚染の原因となり、多くの海洋生物も被害を被っています。

 

 モントリオールではパリ協定に則り、今年はじめから、以前使われていた薄い買い物用のビニール袋は全面禁止となりました。半年間の移行期間を経て、現在は、ビニール袋は50ミクロン以上の厚さのものかエコバッグのみ販売、使用可能となっています。なぜ厚い買い物用ビニール袋になったかというと、薄すぎるとそのままゴミとしてリサイクルに回されずに捨てられ、先に言ったように海洋汚染や陸汚染の原因となるからです。たとえバクテリアなどで分解されるビニール袋であっても、分解されるのに相当な時間がかかり、捨てられる数に追いつきません。そこで、袋を厚くして袋自体の再利用を促し、捨てるときはゴミ箱ではなくリサイクルボックスへ回収されるべく、厚さを持たせた袋に変わりました。

 ちなみにフランスではモントリオールより一足早く、2016年には今までのビニールの買い物袋から厚いビニール袋へと変わっています。2017年には肉、魚や果物など、食料品を入れるのに必須の小分けのビニール袋もコンポスト可能な袋以外禁止となっているようです。

 

 さて、買い物用ビニール袋は条例によって規定がなされましたが、それ以外にもプラスチック製品を排除していこうという動きがモントリオールのいろいろなところで広がっています。例えば多くのカフェがプラスチックストローを廃止し、紙製などのストローに変えています。また、プラスチックに変わる商品を見かけることも多くなってきました。

 

 そんな中、11月初めにマルシェボンスクールで、今年で第2回目となるfestival de zéro déchet(ゴミゼロフェス)が開かれたので、どんな様子か見に行ってきました。

 当日はオープンと同時に会場に着きましたが、そこにはすでに長蛇の列。50分待ってようやく中に入れるという盛況ぶり。会場が如何せん小さすぎたというのもありますが、それにしても人々の関心の高さをうかがわせます。当日はあまりの人の多さに、カンファレンスには参加できず、出展者のスタンドを見るに留まりましたが、それぞれ再利用とゴミゼロをテーマにいろいろなものを販売しているスタンドを見て回ることが出来ました。

 例えば再利用という観点で見ると、ビニールコーティングされた大きなポスターを利用して作ったエコバッグ、服をリメイクした新しい服、廃棄寸前の野菜を回収して作ったお菓子など。

 またゴミゼロという観点では、数々のお店がビニール製品に代替する商品を売っていました。例えば蜜蝋を使った再利用可能なラップや、サンドイッチやおやつを入れる袋など。カナダではお弁当やおやつにサンドイッチやシリアルを持たせますが、今まではジプロック等の専用の使い捨てビニール袋が主流でした。それに変わって、布製の再利用可能な袋やビニール製でも繰り返し使える袋が出回ってきています。

 ストローもプラスチックに変わって再利用可能なシリコンやメタルのストローが、ストロー洗い専用のブラシとともに売っていました。

 はてはプラスチック製品の代用品だけでなく、普段使うものもゴミを減らす方向で思考を凝らした商品が並んでいます。例えば使い捨てオムツに代わって布製の繰り返し使えるオムツや布製の女性用生理用品、化粧落としのコットンも繰り返し使える布製のものなど。またキッチンペーパーの代わりとなる布巾も洗濯機で洗って繰り返し使用でき、不要になったらコンポストとして廃棄すれば30日弱で土に還るそうです。

 

 また、洗剤や化粧品、お米や豆を量り売りで売るお店などもいくつか出店していました。洗剤や歯磨き粉も一度専用の容器を買って、もしくは家にすでにある容器を持ってくれば、量り売りで売ってくれます。

 モントリオール市内には少しずつですがこうした量り売りのお店が増えてきています。

 

 今回のフェスをオーガナイズした組織の代表の方が言っていましたが、エコレスポンサブルな生活のキーワードはacheter en vrac(量り売りで購入すること。梱包なしなのでゴミを出さない。)と洗って使える再利用可能なものを使うこと。ペットボトルの代わりに水ボトル、使い捨てのコーヒーカップの代わりにマイカップなど。

 

 例えば私が近所のスターバックスでマイカップを差し出すと、スターバックスのカップでなくても、なんの躊躇もなく受け入れてくれます。友人はスーパーの惣菜コーナーで自分のタッパーを持って行ってそれに注文したものを入れてもらっています。お店側も断ることはありません。完全にプラスチックなしの生活は難しいかもしれませんが、一人一人がプラスチックやゴミを減らすよう努力すれば、いまの消費量を大幅に減らすことはできると思います。

(こちらは出店者が掲示していた、年間でどのくらいのゴミが減らせるかを表示したもの)

 

 エコレスポンサブルな生活を少しずつ実践している人も増えているし、興味関心のある人も増えている、そんなモントリオールの現状をお伝えしました。

 

KAZUMI

モントリオールVSパリ、スーパー事情

[日常] 投稿日時:2018/08/23(木) 05:43

 海外旅行に行って、現地のスーパーマーケットに入ったはいいが、仕様が日本のそれと違って戸惑った経験はありませんか?

スーパーマーケット一つとっても日本とフランスとカナダではかなり違います。今回はそんなスーパー事情について。
 

フランスは量り売り、カナダは?

 フランスのスーパーでまず戸惑うのは野菜や果物の量り売り。日本のスーパーでは1個、1パック、1束単位で値段が付けられているのに対して、フランスではg単位やkg単位で値段付け(/ 100gもしくは/ le kg)がされています。この場合、自分で必要な分だけ袋に入れて、秤で重さを量ります。スーパーによってはレジ自体に秤の機能がついていて、袋に入れてレジに持っていけば、レジ係が計算してくれるところもありますが、店によっては自分で量って値段シールを出さなければならないところや、秤担当の係に持っていって値段シールを出してもらうところもあります(人員と人件費削減のためにセルフサービスに変わっていっているようです)。


シールを事前に用意する店で用意せず、レジに並んだ挙句に値段シールがないから計算できず、並び直しさせられるということもあるので、注意が必要です。ちなみに1個単位で売っている場合はà l’unitéやla pièceと表示、3個でいくらの場合はle lot de 3と表示されています。

カナダのスーパーは1個単位で値段が決まっていたり、1パックいくらとパック売りになっていることの方が多い気がします。それでも中には重さで値段が決まっているものもあるので、それらを少量だけ欲しいときは量り売りを利用します。カナダの場合、レジに秤機能が備わっているものがほとんどです。ただカナダの場合はアメリカ同様、ポンド(LB)での表示が多いので、注意が必要です。Kgのつもりで購入したら、意外と高かったなんてこともあります。1LBは約453gです。

  

レジ精算à la caisse

 日本では買い物カゴをレジにおけば、レジ係がレジを通したものを精算済みカゴに入れ替えて、会計が済んだ後に精算済みカゴをレジからサッカー台に移して、お客が自分で袋詰めをするのが通常ですが、ここにも大きな違いがあります。まずフランスではお客が自分でレジの台の上にカゴやカートから商品を出して並べないといけません。(ちなみにカートは日本のものより大きく、買い物カゴをセットするタイプではなく、商品を直接カートに入れていきます。)レジの台はベルトコンベアー式になっていて、レジの係は商品をレジに通しながら、すこしずつベルトコンベアーを前に進めます。こうしてあいたスペースに次の客が商品を置いていくといった具合です。レジを通した商品はレジの係の反対側の広いスペースに転がされていくので、それをひたすら袋詰めするのはやはりお客の仕事。日本のようにサッカー台というものは存在しないので、いかに早く、レジ係の流す商品を袋詰めするかが次の客を待たせず、支払いをスムーズにするコツだったりします。とにかく日本の袋詰めはあとでゆっくり式なので、フランスにいた頃はこの違いに最初から最後まで戸惑いました。ちなみにフランス人はどうやっているかというと、特に急ぎもせず、淡々と袋詰めしてから支払いを済ませる人(その間レジ係も後列の人もひたすら待つ羽目に…)、ある程度袋詰めして、支払い金額を言われたら支払いをし、その後、次の人の商品と混ざるのを避けながら商品詰めを続ける人など。でも私のように焦っている風にも見受けられないので、焦る必要はなさそうです。

カナダではどうかというと、システムはフランスと同じなのですが、袋詰め専用の係がいます。係が手伝いましょうかと聞いてくるときは遠慮なくお願いしています。その方が早いので。


便利な配達システム

 フランスでベビーカーを押して買い物に行くときに厄介だったのが、この無駄に長いレジの待ち時間とベビーカーを押しながら重い荷物を運ぶことでした。そこで私達が良く利用していたのは配達サービス。スーパーのお客様カード(無料で会員になれます)を持っていて、指定の区域に住んでいて、かつ購入金額が一定の金額を超えていれば無料で配達サービスが使えました。このサービスの便利なところは、カートごと冷蔵室に保管されるので、冷蔵品も購入できたこと、支払いが自宅で配達時にクレジットカード(la carte bleu)か小切手(le chèque)でできるところでした。水やジュース類、おむつなどかさ張るものや重いものを購入するときには便利でした。

 

 モントリオールにも同様のサービスがあるか調べてみましたが、だいたいは指定時間内に配達をお願いすれば、3$から3,5$の配達料で誰でも利用できるようです。カード会員になる必要はなく、購入金額にも制限はないそうです。こちらはパリに比べて車社会なので、配達を頼む人も、車のない人や車を運転しない人などごく限られた人になるのかもしれません。

 日本とはかなり違うスーパーマーケット事情、参考になれば幸いです。


KAZUMI

«前月  2019年8月  翌月»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事テーマ