コラム個人トップ

KAZUMI 2018/12

エコレスポンサブルな生活

[日常] 投稿日時:2018/12/17(月) 02:01

 今年私がSNSで数多く目にした記事の一つに、海洋プラスチック問題に関するものがありました。死んだクジラの体内から出てくる大量のプラスチックやウミガメの手に絡んだプラスチック、また海に広がるゴミベルトなど、あまりの衝撃的なイメージに目を見張るものがありました。皆さんはどうでしょうか?

 

 一度の使用で捨てられるストローやプラスチックのフォークやナイフ、ビニールの買い物袋等、リサイクルにも回されないので、ゴミとして捨てられ、海洋汚染の原因となり、多くの海洋生物も被害を被っています。

 

 モントリオールではパリ協定に則り、今年はじめから、以前使われていた薄い買い物用のビニール袋は全面禁止となりました。半年間の移行期間を経て、現在は、ビニール袋は50ミクロン以上の厚さのものかエコバッグのみ販売、使用可能となっています。なぜ厚い買い物用ビニール袋になったかというと、薄すぎるとそのままゴミとしてリサイクルに回されずに捨てられ、先に言ったように海洋汚染や陸汚染の原因となるからです。たとえバクテリアなどで分解されるビニール袋であっても、分解されるのに相当な時間がかかり、捨てられる数に追いつきません。そこで、袋を厚くして袋自体の再利用を促し、捨てるときはゴミ箱ではなくリサイクルボックスへ回収されるべく、厚さを持たせた袋に変わりました。

 ちなみにフランスではモントリオールより一足早く、2016年には今までのビニールの買い物袋から厚いビニール袋へと変わっています。2017年には肉、魚や果物など、食料品を入れるのに必須の小分けのビニール袋もコンポスト可能な袋以外禁止となっているようです。

 

 さて、買い物用ビニール袋は条例によって規定がなされましたが、それ以外にもプラスチック製品を排除していこうという動きがモントリオールのいろいろなところで広がっています。例えば多くのカフェがプラスチックストローを廃止し、紙製などのストローに変えています。また、プラスチックに変わる商品を見かけることも多くなってきました。

 

 そんな中、11月初めにマルシェボンスクールで、今年で第2回目となるfestival de zéro déchet(ゴミゼロフェス)が開かれたので、どんな様子か見に行ってきました。

 当日はオープンと同時に会場に着きましたが、そこにはすでに長蛇の列。50分待ってようやく中に入れるという盛況ぶり。会場が如何せん小さすぎたというのもありますが、それにしても人々の関心の高さをうかがわせます。当日はあまりの人の多さに、カンファレンスには参加できず、出展者のスタンドを見るに留まりましたが、それぞれ再利用とゴミゼロをテーマにいろいろなものを販売しているスタンドを見て回ることが出来ました。

 例えば再利用という観点で見ると、ビニールコーティングされた大きなポスターを利用して作ったエコバッグ、服をリメイクした新しい服、廃棄寸前の野菜を回収して作ったお菓子など。

 またゴミゼロという観点では、数々のお店がビニール製品に代替する商品を売っていました。例えば蜜蝋を使った再利用可能なラップや、サンドイッチやおやつを入れる袋など。カナダではお弁当やおやつにサンドイッチやシリアルを持たせますが、今まではジプロック等の専用の使い捨てビニール袋が主流でした。それに変わって、布製の再利用可能な袋やビニール製でも繰り返し使える袋が出回ってきています。

 ストローもプラスチックに変わって再利用可能なシリコンやメタルのストローが、ストロー洗い専用のブラシとともに売っていました。

 はてはプラスチック製品の代用品だけでなく、普段使うものもゴミを減らす方向で思考を凝らした商品が並んでいます。例えば使い捨てオムツに代わって布製の繰り返し使えるオムツや布製の女性用生理用品、化粧落としのコットンも繰り返し使える布製のものなど。またキッチンペーパーの代わりとなる布巾も洗濯機で洗って繰り返し使用でき、不要になったらコンポストとして廃棄すれば30日弱で土に還るそうです。

 

 また、洗剤や化粧品、お米や豆を量り売りで売るお店などもいくつか出店していました。洗剤や歯磨き粉も一度専用の容器を買って、もしくは家にすでにある容器を持ってくれば、量り売りで売ってくれます。

 モントリオール市内には少しずつですがこうした量り売りのお店が増えてきています。

 

 今回のフェスをオーガナイズした組織の代表の方が言っていましたが、エコレスポンサブルな生活のキーワードはacheter en vrac(量り売りで購入すること。梱包なしなのでゴミを出さない。)と洗って使える再利用可能なものを使うこと。ペットボトルの代わりに水ボトル、使い捨てのコーヒーカップの代わりにマイカップなど。

 

 例えば私が近所のスターバックスでマイカップを差し出すと、スターバックスのカップでなくても、なんの躊躇もなく受け入れてくれます。友人はスーパーの惣菜コーナーで自分のタッパーを持って行ってそれに注文したものを入れてもらっています。お店側も断ることはありません。完全にプラスチックなしの生活は難しいかもしれませんが、一人一人がプラスチックやゴミを減らすよう努力すれば、いまの消費量を大幅に減らすことはできると思います。

(こちらは出店者が掲示していた、年間でどのくらいのゴミが減らせるかを表示したもの)

 

 エコレスポンサブルな生活を少しずつ実践している人も増えているし、興味関心のある人も増えている、そんなモントリオールの現状をお伝えしました。

 

KAZUMI

«前月  2018年12月  翌月»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年12月

記事テーマ