コラム個人トップ

KAZUMI

誕生日パーティーはピニャータで

[カナダの子育て] 投稿日時:2018/07/22(日) 02:28

 今月は2度も娘の友達の誕生日会でピニャータ割りをしてきたので、今回はそのお話です。

 ピニャータ(pinãta)という言葉、聞いたことありますか?元々はメキシコやグアテマラなど、中南米のパーティーやお祭りで行う、くす玉割りとスイカ割りを混ぜたような遊びです。ここカナダのモントリオールは中南米からの移民も多いので、ピニャータ遊びはとてもポピュラーなようです。特に私のいる地域は中南米系のお店やレストランも多く、近所のパーティーグッズを扱うお店のショーウィンドウにはたくさんのピニャータが飾ってあります。

 
 さて、ピニャータの遊び方ですが、写真のような紙製の張り子を子供達が順番に、棒を持って叩きます。

 

目隠しをして3回まわってからスタート。


まわりの友達や大人達の声を頼りにピニャータのところまでいき、あとは力一杯叩く!1人1度に3回までとルールを決めますが、小さいみんなの力では、なかなか割れません。目隠しルールをなくし、1人3回ルールをなくして、3巡しても一向に割れません!


本来は紐を持っている大人がピニャータを揺らしたりして難易度を高くするそうですが、そんなトラップも小さい子供達には必要ありません。最後は大人達も加わってなんとかみんなでピニャータを割り、出てきた大量のお菓子(bonbon)やオモチャ(jouet)に子供達は大喜び!

 

 2回目のピニャータ遊びはメキシコでの生活経験のある日加家族のお宅で。1度目は初体験だった娘も2度目はどうやら要領がわかったようで、ピニャータを叩く姿も勇ましい!


こちらもなかなか割れないピニャータに、目隠しを外し、子供達も何度も何度も叩いて、やっとお菓子を手に入れることが出来ました。どちらの回もみんな楽しんだようです。

 

 ところでこんなに可愛いピニャータ達、叩いて壊してしまうのはかわいそうですね。

 
ネットで調べてみると、どうやらピニャータ自体は悪魔や罪を表しているようです。それを叩いて打ち勝つことによって神の恩恵(=bonbons)が得られるという意味合いがあるそうですが、お菓子やおもちゃに喜ぶ子供達にはそんなことは関係ありません!


 去年の10月末に、こんなに大量のles bonbonsを食べられるのはハロウィンの時だけだよと子供と約束したのに、毎度お誕生日パーティーにお呼ばれするたびにピニャータで遊んでいたら1年に1回ルールは到底守られそうにはありません…。


KAZUMI

フランス語のles comptines(童謡)で子供と一緒にフランス語の勉強

[フランスの子育て] 投稿日時:2018/07/04(水) 00:57

 日本語と同じように、フランス語にもたくさん童謡があります。私の娘もcrèche(2ヶ月半から3歳までの保育所)でpuéricultriceと呼ばれる保育士さんたちといろんな童謡を歌ったり、CDをかけてもらったりして沢山の童謡を覚えてきました。多くは親の世代からずっと歌われ続けていたものもあり、伝統的な童謡をいくつか知っていれば、時にフランス人との話のネタにもなるかも?

 今はわざわざCDを買わなくても、Youtubeで簡単にどこにいても聞けるようになりましたね。その中でも私の娘が小さい頃からお世話になったチャンネルをご紹介します。

Les Patapons
 

 このチャンネル、「レ・パタポン」、もともとは「Comptines TV」という名で、今でこそたくさんの曲がありますが、当時は月に1曲ずつくらい更新していたので、新しい曲が出るのをむしろ親の方が楽しみにしていました。1時間のオムニバスなども沢山あって、娘も2歳くらいまでは飽きずによく聴いてくれたので、ちょっと目を離して料理をしたり、片付けの合間にも役に立っていました。
 このチャンネル、アニメも可愛いのですが、歌詞も付いているので、実はフランス語の勉強にもなります。このサイトを毎日見ながら、子供に歌い聞かせていれば、歌詞も覚えられるし、文法の確認にもなるし、中級レベルの皆様にはぜひおすすめです。

Ah les Crocodiles



歌詞はちょっと長くて覚えづらいですが、サビが軽快で、1度聴いたら頭から離れなくなります。
フランス語の童謡にはla guerreなんて言葉も出てくるのかと当初は驚いたものです。


Promenons-nous dans les Bois



これ一曲で命令文、条件法、単純未来、中性代名詞yの復習ができる文法の宝庫のような歌。


Pirouette, Cacahuète



世代を超えてみんな知っている童謡。知り合いのフランス人に聞けば、みんな小さい頃に歌ったと答えるかも?


Dans la Ferme de Mathurin



日本語で「ゆかいな牧場」、英語で「Old MacDonald Had a Farm」。フランス語バージョンもありました。フランス語では マチュランさんの農場ですね。


Lundi Matin



4歳になったばかりの娘が、毎日これを歌いながら曜日を覚えています。


この他にも沢山のles comptinesがあるので、ぜひ歌詞を見ながら聴いてみてください。


KAZUMI

 

«前月  2018年8月  翌月»
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事テーマ