コラム詳細

KAZUMI

MARCHE POUR LE CLIMAT(気候変動に対するデモ) [日常]

rss



 9月27日金曜日。

 もう2週間以上も前から、デモのことは聞いていた。若い環境活動家グレタが参加するというので、かなり話題になっていたのだ。それでも1週間前には、当日は友人とランチへ行く約束をした。何しろ彼女とは夏の前に会ったきり、気がつけば肌寒さが増してきて、これは寒くなる前に会っておかないと、忙しい彼女のことだ、来年の春まで会えなくなるかも知れないと思ったから。今までここモントリオールでも、デモはいくつもあった。それでもパリのそれより規模はずっと小さい。大したことないと、正直思っていた。

 

 約束を取り付けた頃、娘の学校から通知が来た。教育委員会の方針で、全ての公立校はこの日休みとなった。とはいっても、授業はないが、service de gardeは開いている。申し込んでおけば、娘は一日中、学校の施設内で預かってもらえる。この日仕事はなかったが、友人との約束があったので、当然service de garde には申し込んだ。

 

 2日前になって、公共交通機関が当日無料化を決めた。ラジオでは金曜日に車で中心街に乗り入れるのを避けるよう、繰り返している。職場はデモのスタート地点からそれほど遠くないところにあるので、車で通っている同僚は、金曜日は果たして車でモントリオールを出て家に帰れるのか、気になってしょうがないようだ。

 

 前日の朝、友人から日付を変更したらどうかとメールが来た。散々悩んだ挙句、午前中に会って、早めのブランチをし、デモを避けて帰れるようにすることにした。

 

 しかしながら、やはり今朝になって考えを改め、ランチの予定はキャンセルし、5歳の娘とデモに参加してきた。地球温暖化と直接対峙するであろう娘に、環境問題について考えるキッカケになってほしいと思ったから…。

 

 朝から2人、YouTubeで気候変動のアニメを見たりして、デモスタート時間より少し遅れて家を出る。バスは満員で乗れず、メトロも3本やり過ごして、着いたのは大分遅かったけど、それでも多分デモの真ん中くらいにはいたはずだ。それくらい長い長いデモの列だった。何しろシェルブルック駅から歩いてパーク通りのデモ隊に合流した時、同じくデモに参加を表明していたママ友とその息子はもうすでに中華街にいたのだから。

  結局少しみんなと歩いてから、あまり遅くなってまたメトロのラッシュに出くわすといけないので、シェルブルック通りでデモ隊から外れて、元の駅に戻ってきた。デモ終了予定時刻より随分早いというのに、帰りもやはり3本やり過ごさなければならなかった。いよいよ家まで歩いて帰る覚悟を決めた時、運良く2、3人乗れるスペースが空いた。メトロの場所の取り合いはデモそれ自体より壮絶に思えた。それくらいデモは平和に行われていた。夕方のニュースによると、50万人参加したらしい。


 

  デモでは何も変わらないという日本人の自分と、一人一人の意識を変えるきっかけにはなるかもと期待する自分と、終わった今もやはり思いは半々。でも、当初見込みの30万人を大幅に超えた、この50万人は、やはり何かしら意識を持って参加した。ここモントリオールではそれほど多くの人が今を変えようと思っている。その人達が行動を起こしていくのはこれからだ。


KAZUMI

コラム一覧

  • Masumoto Sayaka
    気づけばパリ在住歴も長くなってきました。ホットなパリ情報をお届けします。
  • オノザキ ユキ
    アフリカの隅っこギニアから全く新しい「仏語圏」の世界をお届け
  • KAZUMI
    在仏語圏早10年、一児のママンの気づきを気ままに綴ります。
  • Yoko
    目指せQuébécoise ! モントリオール・ワーホリ滞在記
  • Lisa
    フランス文化圏『ベルギー・ブリュッセル』に住む駐在妻レポート

アーカイブ

記事テーマ

ブログ最新記事