コラム詳細

KAZUMI

モントリオールVSパリ、スーパー事情 [日常]

rss

 海外旅行に行って、現地のスーパーマーケットに入ったはいいが、仕様が日本のそれと違って戸惑った経験はありませんか?

スーパーマーケット一つとっても日本とフランスとカナダではかなり違います。今回はそんなスーパー事情について。
 

フランスは量り売り、カナダは?

 フランスのスーパーでまず戸惑うのは野菜や果物の量り売り。日本のスーパーでは1個、1パック、1束単位で値段が付けられているのに対して、フランスではg単位やkg単位で値段付け(/ 100gもしくは/ le kg)がされています。この場合、自分で必要な分だけ袋に入れて、秤で重さを量ります。スーパーによってはレジ自体に秤の機能がついていて、袋に入れてレジに持っていけば、レジ係が計算してくれるところもありますが、店によっては自分で量って値段シールを出さなければならないところや、秤担当の係に持っていって値段シールを出してもらうところもあります(人員と人件費削減のためにセルフサービスに変わっていっているようです)。


シールを事前に用意する店で用意せず、レジに並んだ挙句に値段シールがないから計算できず、並び直しさせられるということもあるので、注意が必要です。ちなみに1個単位で売っている場合はà l’unitéやla pièceと表示、3個でいくらの場合はle lot de 3と表示されています。

カナダのスーパーは1個単位で値段が決まっていたり、1パックいくらとパック売りになっていることの方が多い気がします。それでも中には重さで値段が決まっているものもあるので、それらを少量だけ欲しいときは量り売りを利用します。カナダの場合、レジに秤機能が備わっているものがほとんどです。ただカナダの場合はアメリカ同様、ポンド(LB)での表示が多いので、注意が必要です。Kgのつもりで購入したら、意外と高かったなんてこともあります。1LBは約453gです。

  

レジ精算à la caisse

 日本では買い物カゴをレジにおけば、レジ係がレジを通したものを精算済みカゴに入れ替えて、会計が済んだ後に精算済みカゴをレジからサッカー台に移して、お客が自分で袋詰めをするのが通常ですが、ここにも大きな違いがあります。まずフランスではお客が自分でレジの台の上にカゴやカートから商品を出して並べないといけません。(ちなみにカートは日本のものより大きく、買い物カゴをセットするタイプではなく、商品を直接カートに入れていきます。)レジの台はベルトコンベアー式になっていて、レジの係は商品をレジに通しながら、すこしずつベルトコンベアーを前に進めます。こうしてあいたスペースに次の客が商品を置いていくといった具合です。レジを通した商品はレジの係の反対側の広いスペースに転がされていくので、それをひたすら袋詰めするのはやはりお客の仕事。日本のようにサッカー台というものは存在しないので、いかに早く、レジ係の流す商品を袋詰めするかが次の客を待たせず、支払いをスムーズにするコツだったりします。とにかく日本の袋詰めはあとでゆっくり式なので、フランスにいた頃はこの違いに最初から最後まで戸惑いました。ちなみにフランス人はどうやっているかというと、特に急ぎもせず、淡々と袋詰めしてから支払いを済ませる人(その間レジ係も後列の人もひたすら待つ羽目に…)、ある程度袋詰めして、支払い金額を言われたら支払いをし、その後、次の人の商品と混ざるのを避けながら商品詰めを続ける人など。でも私のように焦っている風にも見受けられないので、焦る必要はなさそうです。

カナダではどうかというと、システムはフランスと同じなのですが、袋詰め専用の係がいます。係が手伝いましょうかと聞いてくるときは遠慮なくお願いしています。その方が早いので。


便利な配達システム

 フランスでベビーカーを押して買い物に行くときに厄介だったのが、この無駄に長いレジの待ち時間とベビーカーを押しながら重い荷物を運ぶことでした。そこで私達が良く利用していたのは配達サービス。スーパーのお客様カード(無料で会員になれます)を持っていて、指定の区域に住んでいて、かつ購入金額が一定の金額を超えていれば無料で配達サービスが使えました。このサービスの便利なところは、カートごと冷蔵室に保管されるので、冷蔵品も購入できたこと、支払いが自宅で配達時にクレジットカード(la carte bleu)か小切手(le chèque)でできるところでした。水やジュース類、おむつなどかさ張るものや重いものを購入するときには便利でした。

 

 モントリオールにも同様のサービスがあるか調べてみましたが、だいたいは指定時間内に配達をお願いすれば、3$から3,5$の配達料で誰でも利用できるようです。カード会員になる必要はなく、購入金額にも制限はないそうです。こちらはパリに比べて車社会なので、配達を頼む人も、車のない人や車を運転しない人などごく限られた人になるのかもしれません。

 日本とはかなり違うスーパーマーケット事情、参考になれば幸いです。


KAZUMI

コラム一覧

  • Masumoto Sayaka
    気づけばパリ在住歴も長くなってきました。ホットなパリ情報をお届けします。
  • オノザキ ユキ
    アフリカの隅っこギニアから全く新しい「仏語圏」の世界をお届け
  • KAZUMI
    在仏語圏早10年、一児のママンの気づきを気ままに綴ります。
  • Yoko
    目指せQuébécoise ! モントリオール・ワーホリ滞在記

アーカイブ

2018年11月

記事テーマ

ブログ最新記事