運営ブログ

スランプの脱出~スランプの意味を理解する~

Coucou !

ケイです!
皆さん、お元気ですか?

今日は僕が思うスランプの脱出法をご紹介したいと思います。

皆さんはフランス語を勉強していて、スランプに陥ったことはありませんか。

ここでのスランプとは、「伸び悩んでる」時期だったり、「なんだか前よりもフランス語が下手になっている」と感じたり、「そもそも自分にはセンスがない…」と自信を失ってしまっている状態のことを指しています。

「いやいやーそんなことないよ!日々自分の成長を感じられているよ!」という方、最高です!
絶好調だと思うので、このまま走り続けてください!

「そうなんです。実は今、伸び悩んで困ってるんです。なんだか自信も無くなってきてしまいました…」という方、全く心配しないでください!
それ、とても普通のことです!

なんの学術的後付けもないのですが、個人的な経験から、ある一定のレベルまで言葉を習得すると、その後の伸び方は、「ほぼ平坦に近いくらい緩やか~な右肩上がりで、その状態が暫く続いた後、階段を一段登るようにいきなりガンっと上に上がり、また平坦に近いような緩やかな坂道を登っていく」という状態の繰り返しだと思っています。

なので、「伸び悩んでいる」時の脱出法は、そのまま学習続けて行くことだと思います。
そうすれば、いつか必ず「一段階段を登るように成長する時期」を向かえられるはずです!


では、「なんだか前より下手になっている気がするんです」という方。
すごく辛いですよね。
「頑張っているのに、どうしてだろう?」って思いますよね。

でも、全く心配しないください!
それも、いたって普通だと思います!

実は先程お話した、「ある一定レベルに達した後の成長の傾向」ですが、「緩やかな坂道の時期」とは別に、「下り坂を下っていく時期」があると思います。

僕はこの時期をパリに来て6ヶ月目で経験しました。
もう毎日フランス語が下手になっていく気がしましたし、なにをやっても脱出できない、所謂「ドツボにはまった」時期でした。

この時期は、とてもやる気が無くなってきます。
「もう勉強したって、意味ないんじゃないかな…」と思うこともあります。
そんな時は、思い切ってフランス語の学習をやめて、フランス語と距離を取ってみると良いと思います。

勉強をやめて、友達と外出したり、好きな映画を見たり、美味しいものを食べたりして、リフレッシュしてみてください!
しかも、中途半端ではなく、徹底的にです!

そうやってフランス語に触れない状態が続くと、段々焦ってきます。

「このまま勉強しなくて大丈夫かな?」とか、「これって逃げてるだけで、なんの解決にもなってないんじゃないか」といった感覚です。

この「危機感」のようなものを感じたら、それは学習を再開する合図です!
その時になって始めて、もう一度フランス語と向き合ってみてください。

頭がすごくクリアになって、新しい今の自分に合った学習方法を思いついたり、今まで分からなかったことがすっと理解出来るようになります。

何故か理由はわからないのですが、本当にそうなります!
感覚として、「フランス語と自分との間に、近すぎず、遠すぎず、調度良い距離が作れるようになる」といった感覚です。
違う角度から述べれば、「言語学習における、自身の特性をつかんだ状態」になると思います。

こうなると、スランプの出口はすぐそこです。
今回のスランプの脱出は勿論、今後のスランプとも上手に付き合えるようになります。


スランプは決してネガティブな面だけでなく、「更なる成長を遂げるための合図」というポジティブな面もあります!

是非とも、スランプとの上手な付き合い方を見つけて、自分のなりの勉強のスタイルを確立頂ければと思います!

À très bientôt !
 

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着