運営ブログ

コメディアンから学ぶフランス語~シャドウィングのツールとして~

Coucou!

ケイです!
皆さん、お元気ですか?

パリに留学をしていたころ、とにかくシャドウィングをしまくっていました。

本場のフランス語、しかもパリの人々の話すスピードはとても早く、来る日も来る日も相手の言っていることが聞き取れないことの連続でした。

「なんとかこの状況を打開したい!」

そう思って始めたのが、シャドウィングでした。

勝手ながら、僕はこう思っていました。

「相手の言っていることを理解するためには、語彙力は当然必要だ。語彙力がなければ、相手の言っていることは理解できない。」

「ただ、語彙力云々、まず相手の言っていることを聞き取ることが先決だ!聞き取ることができなければ、そもそも語彙力があったところで意味がない。」

「そして、聞き取るようになるためには、自分も発音できるようにならなければダメだ!人は自分の発音できないことを聞き取ることはできない」

…正直、最後の部分はなんの根拠もないんです(笑)

ただ、僕は直感でそのように思いました。

そして、狂ったようにシャドウィングに明け暮れました。

僕はそもそも飽きっぽい性格なので、自分が面白いと思わないと、中々続きません。

歌・映画・ドラマなど、色々見てみましたが、中々面白いと思うものに出会えませんでした。

そして最後に出会ったのが、彼でした。

そう、Gad Elmaleh(ガッド・エルマレ)です!

彼はユダヤ系モロッコ人をルーツとするフランス人コメディアンです。

とてもテンポ良く、流れるように次々と面白い話をしていきます。

フランスではこの手の「お笑い(un comique)」がとても人気で、皮肉や言葉遊び(un jeu de mot)を用いて視聴者を笑いの渦に巻き込みます。

Gad Elmalehのようなスタイルのコメディアンは多いですが、その中でも、僕はGadが一番面白いと思います。

例えば、下記のL'avion というタイトルのcomiqueはTerminalの持つ意味を上手く用いて、笑いを誘います。

L'avion -Gad Elmaleh-
https://youtu.be/BD2jha9aIUI

とても早いので、初めは上手くシャドウィングができないかもしれません。

それ自体は全く問題ありません。

本場の、しかもフランス人を相手にしたお笑いなので、シャドウィング出来なくて当然です。

ですが、何度も何度も、何日も何日も繰り返している内に、段々とシャドウィングが出来るようになってきます。

それから、フランス人ウケするユーモアについても、少しずつ理解できるようになるかもしれません。
※ちなみに、僕はGadの作品を幾つか暗唱出来ます(笑)。Gadはフランスではとても人気なので、20代後半より上のフランス人なら大体知っていますが、日本人でGadを知っている人は殆どいないので、このネタを披露すると一躍人気者になれます(笑)

人によって、好きなジャンル、嫌いなジャンルがあると思います。

歌や映画、ドラマの方がシャドウィングしやすいという人もいらっしゃって当然です。

ですが、もしも僕のようにお笑いがカチッとはまる方がいらっしゃいましたら、是非ともコメディアンからフランス語を学んでいただければと思います。

À très bientôt !!

追伸
手前味噌ですが、Coucou! のコンテンツって、留学中の僕がまさに求めていた内容で、「僕がパリにいたときにこういうサイトに出会えていたらなぁ」と本気で思います!
コメディアンも良いけど、一番良いシャドウィングの教材は実はCoucou! だなぁと思っています。

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着