運営ブログ

フランス語人材のキャリアパス~第2回 フランポネ マヌーさん(前編)~

Coucou!

ケイです。

 

フランス語を使って仕事をしている方にインタビューをするという本企画。

今回で二回目となります。

この度は、神奈川県川崎市にある武蔵小杉にお住まいのマヌーさん(芸名)です。

マヌーさんとも、前回の矢田さんと同様にTwitterで知り合いになり、メッセージのやりとりをするなど仲良くさせて頂いておりました。

今回は僕の本企画に関する投稿にご賛同下さり、快くインタビューを受けて下さいました。

 

①マヌーさんのプロフィール

マヌーさんは桜美林大学経学学部経済学科に入学され、大学在学中に英国にあるカベンディッシュカレッジ(トラベル&ツーリズム)に留学し国際航空券の発券資格を取得されます。

大学卒業後の2000年には新卒として旅行会社に勤務されますが、2001に「9・11」を経験し、世界情勢に左右される旅客業では非常に不安定であることから海運業を志し、2002年7月に旅行会社を退職。

2002年9月にアントワープ大学大学院(海運経済学科)に入学され、修士号取得後は日系某海運会社に就職。以後、10年間ベルギーにて勤務されました。


ベルギー駐在中の2011年7月にパリで開催された日本文化の総合博覧会であるJAPAN EXPOに、当時の交際相手であり、現在の奥様兼相方のシラちゃんと来場します。

大盛り上がりの会場にて、「今や日本の主要産業である製造業は中国や他のアジア諸国に抜かれてしまったが、ソフトコンテンツ(マンガ・ゲーム・伝統工芸などの文化)は違う!日本はソフトコンテンツでなら世界で勝てる!」とマヌーさんは痛感。

2012年に日本に帰任され、今後のマヌーさんが思うソフトコンテンツにおいて「どのように戦っていくか」を入念に検討しながら、会社勤めよりも不安定な収入になることに備えて地道に貯蓄をするなどの準備期間を経て、2018年にNSCこと吉本総合芸能学院に夫婦揃って入学。

2019年4月に、「日本で唯一フランス語で漫才ができる国際夫婦漫才コンビ フランポネ」としてデビューを果たします。


写真左がマヌーさん 右側がシラちゃん

 


②現在のお仕事

というわけで、マヌーさんの現在のお仕事はお笑い芸人です!

これまで英語で漫才や落語をする方々などは何人かいらっしゃいましたが、「フランス語で漫才」をされる芸人さんは居そうで居なかったですよね。

 

コンビ名のフランポネは、フランス語の「français」と「japonais」の造語です。

お二人は結成当時から活動場所を日本とフランス語圏(フランス・ベルギー・スイス)としており、日本語とフランス語の二つの言語でネタを作っています。

それぞれの文化や笑いのツボ・感覚に合ったネタを作るため、日本語のネタは日本人の感覚を知っているマヌーさんが、フランス語のネタはフランコフォンの感覚を知っているシラちゃんが書いてます。

また、日本語の場合はマヌーさんがツッコミ、シラちゃんがボケですが、フランス語の場合は役割が逆になります。

これもフランポネとして考えている世界観を出すために、敢えて逆にしているそうです。

 

2019年4月にデビューしたばかりにもかかわらず、フランポネさんは既に大活躍!

国内でのネタの披露は勿論のこと、日本国内の大学の留学生を対象に「漫才で覚える日本語」をテーマにワークショップを実施したり( https://www.asia-u.ac.jp/international/news/2020/01/6919/ )、2020年2月16日にスイスのローザンヌで実施されたスイス版Japan ExpoであるJapan Impactに「主催者からの招待」というとても栄誉ある形で国際デビューをされたり、国内の某大学のフランス語学科の学生さんを対象に「漫才で覚えるフランス語」というテーマで講義をするお仕事が決まっていたり(2020年秋口に実施予定)、既に多方面に渡ってご活躍をされていらっしゃいます。

ネタを披露するフランポネ 左がマヌーさん 右がシラちゃん

 


③「素朴な疑問なんですが、どうして芸人に?」

大手日系海運企業を退職され、お笑い芸人になられたマヌーさん。

「マヌーさんが日本の製造業の限界を感じられていたこと、そして日本のソフトコンテンツに今後の可能性を感じられたことはよく分かります。でも、どうして会社を辞めて芸人になろうと思ったのですか?失礼な話ですが、会社勤めと比較すれば、お給料は下がるかも知れないですし、生活も不安定になるかも知れません。そんなリスクが有りながら、何がマヌーさんをそこまで駆り立てたのでしょうか?マヌーさんにとってのモチベーションは、いったい何だったんですか?」という僕の質問に対して、マヌーさんは少し微笑みながらこう答えました。

 

「それはヨーロッパで言うC’est la vie! なんですよ!」と。

 

当時のお仕事にも大きな不満はなかったマヌーさんですが、それよりも日本のソフトコンテンツが世界で通ずると分かったあの2011年7月のJapan Expoで、「自分がやりたいこと、自分が楽しんで出来ることはこれだな!」と確信されたそうです。

「例え給料が下がろうが、生活が今より不安定になろうが、芸人が自分のやりたいことで、それをやることで自分の人生がより幸せになるのなら、c’est la vie(直訳:仕方がないこと)なんです!僕は今、確かに給料は以前より下がりました。でも、やりたいことができているから、今はとても幸せです!しかも、(この業界なら)これから自分の実力次第でいくらでも勝っていけますから!」と、マヌーさんは芸人になられた理由と共に、今の充実感を熱く語って下さいました。

写真右端の女性がシラちゃん、右から2番目の男性がマヌーさん

 

マヌーさんの仰ったことは、僕にとってとても腑に落ちる物でした。

僕の最初の就職先は海外との取引はゼロで、フランス語はおろか英語も全く使う機会がありませんでした。

その時は人生がとてもつまらなかった。

何をやっても、心底楽しめていなかったと思います。

そんな抜け殻のような生活を送って、「やっぱり自分にはフランス語しかない!」と思い立ち、フランス語を使える仕事を必死で探して、現在の仕事に出会いました。

今の仕事は転職だったので、前職の年収がいくらで、この仕事に求める年収はいくらかについて面接官に聞かれたとき、本音で「フランス語を使える仕事というのは、僕が心の底から探し求めていた仕事です。この仕事につけるのなら、お給料はいくらでも構いません!」と答えた記憶があります。

 

僕にとって、「やりたいことをやる」ということが、自身の人生において一番大切な軸だったのです。

そして、やりたいことと給料を天秤にかけて、僕はやりたいことを取った。

マヌーさんもこの点において、きっと僕と同じ考え方をされる人なのではないかなと思いました。

 

前編は以上となります。

後編では、マヌーさんのフランス語の勉強方法と、フランコフォンの皆さんへのメッセージをご紹介させて頂きます。

楽しみにしていて下さいね!

 

À très bientôt
Kei
------------------------------------------------
追伸
よかったら、CoucouのFacebookのページ・Twitter、それから僕のTwitterもフォローしてくださいね!
フランスやフランス語に関するお役立ち情報を発信したり、ブログ・レッスン更新の際にお知らせさせて頂きます。

CoucouのFacebookのページ:https://www.facebook.com/francais.coucou/
CoucouのTwitterアカウント:https://twitter.com/francais_coucou
ケイのTwitterアカウント:https://twitter.com/Kei_japonais

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着