運営ブログ

ダジャ単シル・ヴ・プレ~とにかく楽しく学びしまょう~

Coucou !

ケイです。
皆さん、お元気ですか?

僕は5月21日~24日までフランスの行政団体に添乗員として張り付いていました。

この中には所謂要人も含まれていて、アポイント先も日本の要人ばかり。
気の抜けない日々であったことに加え、連日午前3~4時まで働き、午前6~7時には持場にスタンバイ。

まさに体力と気力をフル活用した一週間でした。
今、生きている喜びを噛みしめています(笑)


今日は皆さんに『ダジャ単シル・ヴ・プレ』をご紹介したいと思います。

こちらは、僕の恩師である杉村先生ことセバスチャン杉村が、お友達3人と力を合わせて出版したまさに抱腹絶倒の奇書?です。

タイトルから類推できる通り、フランス語の単語をダジャレを通じて学ぶことができます。

ダジャ単シル・ヴ・プレ
※駿河台出版社

これのダジャレがですね、非常に作り込まれているんです(笑)

例えば、

・何でも「感ず」る15歳
※感ず=quinze

・我関「せ~ず」16歳
※せ~ず=seize

・早く嫁を「取らんと」30になるぞ
※取らんと=trente

・儲「からんと」困る40歳
※からんと=quarante

僕は中でも「何でも感ずる15歳」は秀一だと思いました。

「なんでも感ずる」という、15歳の難しい時期の特徴を押さえつつ、フランス語の単語に持っていくという点からは、先生を含む4人のオヤジたちの工夫が伝わってきます(笑)

でも冗談抜きで、「何でも楽しくないとダメだよ。楽しくないと生徒は話を聞かないし、楽しくないと、僕ら自身も勉強は続かない。」と日頃から仰っている、杉村先生のエスプリがにじみ出た本だなーと思います。

こちらの書籍は非常に人気で、2009年10月20日に初版発行。2011年7月20日時点で3版の発行がされました。

そして何と!
今年の4月からある雑誌で堂々の復活を果たしています!

その雑誌については、また次回ご紹介させていただきます。

À très bientôt,
Kei

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着