運営ブログ

寝かせることも必要~気づいたら出来ているという現象~

Coucou!

ケイです。

外国語能力はある程度まで行くと、緩やかに伸びていくようになります。
※上記については、下記の記事で詳しく記述しています。

スランプの脱出~スランプの意味を理解する~

実はスランプだけでなく、外国語学習ってある程度寝かせることも必要だと思っています。

寝かせるとはどういうことか。
一言でいうと、「無理に今すぐに出来るようになろうとしないこと」です。

例えば、「このフレーズをどうにかして聞き取れるようになりたいのに、何回聞いても全然聞き取れない」という場合は、その人の中でそのフレーズを聞き取る準備(リスニング力や単語力)がまだ整っていない可能性があります。

そういう場合は、「どうしても聞き取れるようになってやる!」と意気込んで勉強することも大切ですが、時には「まぁ今は分からなくても、後々分かるようになるからいいか。次行こう次!」という形で、その時点での達成を諦めることも大切です。

ある線を越えると、言葉は緩やかに能力が伸びていくようになります。
従って、時点で出来ないことが、短期的にできるようになることは極めて希です。
その時点での習得を諦め、気長にできるようになる日を待つことが必要となります。

僕も今まで苦手としていた言い回しや文章の組み立て方があったのですが、本日急にできるようになり、会話中に極めて自然に使用することができました(それも何度も)!

出来るようになった理由は分かりません?
恐らく、脳細胞がそれを理解し、活用する準備が整ったのだと思います。
そうでも言わないと説明がつかない事態です、

語学学習においては、寝かせることもとっても大切です。
フランス語との程よい距離感を見つけ、良い関係を築いて頂ければと存じます。

À très bientôt,

Kei

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着