運営ブログ

フランス語のおすすめ学習法、勉強方法

Coucou!
フランス語会話学習サイトCoucou!』運営のハルです。

本日はフランス語のおすすめ学習法、勉強方法についてです。フランス語学習のコツやCoucou! が大事にしているコンセプトなどについてもお話させていただきます。
 

リスニングとリーディングを効率よく学習する


世の中には様々な語学の学習方法が溢れていますね。
「たった○日で話せるようになる」「聴き流すだけでOK」「一日30分でペラペラに」等々。

とても魅力的な言葉が並んでいることも多いですが、本当にたった数日で話せるようになるかというと甚だ疑問です。
ペラペラってどのレベルになることを指すのか、定義次第だと思いますのでどれも否定はしませんが、語学において王道の学習方法はひとつだけだと思っています。それは...

語学力は学習した時間に比例するということです。

効率の良い方法はあると思いますが、どれだけ洗練されたメソッドを持っていたとしてもドラえもんの暗記パンでもない限りはやはりボキャブラリーをコツコツと覚えていくことは必要ですし、話されるスピードで脳が理解するためのトレーニングも必要で、どちらも一朝一夕で身につくものではありません。
会話に必要とされる数千単語をたった○日で覚えることは常人には不可能ですので、日々の地道な努力はとても重要です。

フランス語中級者以上の方であれば耳を慣らすという意味でフランスのラジオをひたすら聴いているという方も多いのではないでしょうか。実際に私もよくやっていたりします。前述の通り、やらないよりはどんな学習方法でもやる方が力はつくと思いますし、耳を慣らすトレーニングとしてラジオは有効だと思います。ただ、それだけで話せるようになるかと言われれば、聞き流しているだけでは新しい単語を覚えている実感もないですし、やはり文章を読む、内容を正確に理解するということを含めた学習は必要だと考えます。

読んでわからないものは結局聴いてもわからないんですよね。

そのため、『フランス語会話学習サイトCoucou!』では「フランス語のリスニングとリーディングが場所を問わず、どこでも効率良く学習できる」ということを特に考慮して設計されています。

coucou! 会話レッスン画面
↑会話レッスンではネイティブの会話をリスニングをしながら、同時にフランス語テキストと日本語訳を読むことができる。

できればフランス語はフランス語のまま理解することが一番ですが、何を言っているかわからないと自分の解釈(翻訳)が果たして合っているのかわからないこともありますよね。そのためCoucou!では必ず日本語訳もつけるようにしています。また、日本語訳もできるだけ意訳ではななく、フランス語学習者が理解しやすいように直訳に近く、かつ自然なセリフになるように意識しています。
 

フランス語学習には反復学習が有効


人が何かを記憶するための脳の構造には「短期記憶」と「長期記憶」というものがあり、新しく入ってきた情報は一度短期貯蔵庫に記憶された後、重要なものだけを長期貯蔵庫の方に記憶すると考えられています。
話せるようになるためにはこの長期貯蔵庫にどれだけのボキャブラリーを記憶できるかによるわけですが、人の記憶は時間の経過とともに徐々に忘れ去られて低下してしまいます。この低下していく短期記憶を長期記憶へと変えるためには反復学習が有効であるとされています。

記憶について有名なのが心理学者のヘルマン・エビングハウスが提唱した忘却曲線です。
エビングハウスは一度記憶した記憶に対する時間の経過と再生率に調べ以下のような結果を導き出しました。

1時間後には、節約率が44%であった。
1日後には、節約率が34%であった。
2日後には、節約率が27%であった。
6日後には、節約率が25%であった。
1ヶ月後には、節約率が21%であった。


よく「一日後には、34%を忘れてしまう」というような勘違いの文章がネットには出回っていますが、正確には「1回目に記憶したよりも、1日後に2回目を記憶する方が34%効率的に記憶することができる」ということです。
何度も学習すればそれだけ効率良く記憶に定着させることができるということですね。

フランス語会話学習サイトCoucou!』の会話レッスンでは、フランス語の会話の中で出てきた中級以上の単語の単語帳もついていますので、わざわざフランス語の辞書を調べる必要がありません。
これまで調べるのに使っていた時間をすべて「覚えるための時間」へと変えることができます。

coucou!_ボキャブラリー_image


フランス語会話学習サイトCoucou!』の会話レッスンは1レッスン1分前後に設定されていますので、日本語も単語も難しい箇所は解説も付いていますので、1レッスンの学習にかかる時間はわずか10分程度です。
PCだけではなくサイトはスマホにも最適化されていますので、ネットがあればいつでもどこでも隙間時間でフランス語の学習が可能です。

週に1回新しいレッスンが更新されますので、更新されたらまずは1日10分をかけて新しいレッスンを学習してみましょう。ダイアローグを3回リピートしたとしても、たったの3分ですので、何度も繰り返しネイティブの会話を聴くのが効果的です。
レッスンを学習したついでにバックナンバーのレッスンも復習することをおすすめしています。
過去に学習したレッスンで完全に忘れる前であれば繰り返しダイアローグをリピートして聴くだけでよいので、復習も5分とかかりません。

会話はフランス語ネイティブたちが日常的に話している内容そのままですので、重要な単語や便利な表現は何度も繰り返し出てきます。何度も何度も繰り返し覚えていくうちに重要な言葉は自然と記憶することができているはずです。

レッスンはどこからはじめていただいてもかまいません。次々と新しい会話が追加されていきますので、今週は学習できなかったとしても気落ちする必要もありません。常にフレッシュな会話から聴くだけでよいのです。
語学学習のコツは根気よく楽しく学習を続けることですので楽しく学習するようにしましょう。
 

オーバーラッピングやシャドーイング、ディクテーションでフランス語のリスニング力を鍛える


「オーバーラッピング」はフランス語の音声に自分の声を重ねて(=オーバーラップして)発音することでネイティブの発音やセリフを真似るトレーニング方法です。

ネイティブと同じスピードでセリフを読み上げるのは最初は難しいかもしれませんが、何度も何度もネイティブの発音を繰り返し真似ることで発音も良くなり、リエゾンなどの音を繋げて発音することもうまくできるようになります。
また、話すのと同じスピードで意味を理解しなくてはならないため、後ろから文章を訳すというような方法ではなく、話される順番で意味を理解することができるようになる「フランス語脳」を鍛えるためにはぴったりのトレーニングです。まずはこのオーバーラッピングで繰り返し、会話を真似ることをおすすめします。

自分ひとりの学習なので恥ずかしがる必要も日本人独特の片言発音で話す必要もありません。思いっきりフランス語ネイティブの発音を真似て本人になりきって発音してください。

何度も何度も繰り返し練習をしてテキストの会話を覚えてきたら、シャドーイングにもチャレンジしてみてください。

「シャドーイング」はテキストを見ずに聴こえてくる音声のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけて発音するトレーニング方法です。テキストなしで聴こえた言葉を復唱することで、何が聴こえて、何がまだ聴こえないのか理解することができるようになります。
繰り返すことができなかったパートはテキストをもう一度みて復習をします。
そうしてまたシャドーイングを行うということを繰り返します。

「ディクテーション(書き取り」は時間がかかるので毎回やる必要はありませんが、もし時間に余裕がある日にはより高いリスニング力をつけるためには効果的な学習法です。
たくさんの音声を聴いたり読んだりする「多聴・多読」に対してディクテーションは「精聴・精読」と呼ばれる詳細にフランス語を理解できるようになるためのトレーニング方法です。
ディクテーションの方法としては聴こえてくる音声をひたすら書き起こしていきます。そうすることではっきりと自分が何を聴き取れていれ何を聴き取れていないのかが理解できます。
ディクテーションには細かい文法やスペルなど高いスキルが要求されるので大変な作業ですが、高いフランス語力をつけたい方はぜひチャレンジしてみてください。

フランス語会話学習サイトCoucou!』の会話レッスンは一レッスン1分程度に設定されていますので、オーバーラッピングをするにも、シャドーイングやディクテーションをするにもちょうどよい長さです。
ぜひ繰り返しこれらのトレーニングにチャレンジをして、フランス語のリスニング力を向上させてください。
 

フランス語ができるようなるためには「フランスの文化」を理解する

フランス語を勉強する理由って別に「フランス語を話せるようなることが目的」ではないですよね。
フランス語が話せるようになってネイティブと会話を楽しんだり、フランス語で映画や音楽を楽しんだり、フランスを旅行して現地の人とフランス語で話したり、フランス語はあくまでコミュニケーションのための手段でしかありません。

せっかくフランス語の勉強を頑張って話せるようになったとしても、会話をするためのトピックや知識がなかったら楽しい会話にはなりませんね。相手と共通の話題を持つということも楽しい会話をするためには重要な要素の一つです。

また、我々日本人はフランス語圏とはまったく異なる文化の中で育ってきているということを忘れてはいけません。
常々思っていることですが、「その国の言語を学習するということは、その国の文化を学習すること」です。
考え方の違いや文化の違いを理解しておくことでより円滑な人間関係を築くことができるようになるでしょう。

フランス語会話学習サイトCoucou!』の会話レッスンではフランスの文化を理解するための豆知識なども豊富に扱っています。ただフランス語の学習をするだけではなく、フランス語圏の文化や雑学なども一緒に学習することができるので楽しみながら学ぶことができるでしょう。

Coucou!_レッスン_豆知識画像


また、コラムのコーナーではフランス語圏に住むコラムニストが現地の情報を記事にしてくれていますので、楽しみながら最新のフランス語圏の文化を知ることができます。
「勉強!」というつもりで学習しても長くは続きませんよね。楽しく遊びの感覚で学ぶことが語学学習にはとても重要です。
 
Coucou_コラム_イメージ
 
コラムはフランスだけではなくアフリカのギニアやカナダのケベック州など、フランスではないフランス語圏の話もたくさん紹介していますので、普段日本じゃなかなか聞けないような話をぜひお楽しみください。

【例えばこれまでにはこんなトピックが】

・フランス語のles comptines(童謡)で子供と一緒にフランス語の勉強

・ギニアのご飯はおいしい!?

・モントリオールへワーホリ・留学のススメ!

ぜひ、サイトをうまく活用してフランス語の会話力を向上させてください。

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着