運営ブログ

パリのノートルダム大聖堂~今後の再建の見通し~

Coucou!

ケイです!
皆さん、ご機嫌いかがですか?

4/15から4/16にかけて、フランス・パリのノートルダム大聖堂にて火災が発生し、大聖堂の尖塔と周辺の屋根が崩落するという事件が発生しました。

このニュースをご覧になられて、驚かれた方も多いと思います。

パリ留学中、町のシンボルの1つであるこの大聖堂にことあるごとに訪れていた僕にとって、このニュースはとても痛ましいものでした。

1日も早い再建を願うばかりです。

今後の再建の見通しについて、マクロン大統領は「5年内の再建」を目標に掲げていますが、専門家は「10年~15年はかかる」と述べています。

ノートルダム大聖堂火災 出火は事故か、修復に10年以上の見方も
(CNN.co.jp)
 
また、再建時のデザインについても、「新デザイン」か「忠実再建か」を巡って論争が起きています。

新デザイン」か「忠実復元」か ノートルダム大聖堂修復で論争
(産経新聞)

留学中、両親がパリに遊びにきてくれて、一緒にパリ市内を観光しました。

勿論、ノートルダム大聖堂も一緒に見ました。

かなうかどうか分かりませんが、また両親と一緒に、再建された大聖堂を見たいなーと思っています。

À très bientôt,
Kei

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着