運営ブログ

プロヴァンス生まれの老舗オーガニックコスメ~Le Château Du Bois~

Coucou !

ケイです。

 

プロヴァンス発のオーガニックコスメブランド!





本日は南仏プロヴァンス発のオーガニックコスメブランドである、Le Château Du Bois(シャトー・デュ・ボワ)をご紹介させて頂きます。

Le Château Du Bois 公式オンラインショップのリンク

Le Château Du Boisの創業は何と1890年!
とても歴史のあるブランドです。


Le Château Du Boisは、標高1100mの山頂に広がる自社農園(東京ドーム75個分)にて、トゥルーラベンダーを種から大切に栽培しており、同社の全ての製品には、ここで収穫・蒸留されたトゥルーラベンダーが贅沢にブレンドされています。

ちなみに、トゥルーラベンダーは日本語で「真正ラベンダー」と記載し、ラベンダーの原種のコトを指します。
つまり、今お花屋さんなどに広まっている新種改良されたラベンダーの基となった品種、ラベンダーの中のラベンダーということです。


このトゥルーラベンダーは高地(標高900m以上-1,300m以下)にしか生息せず、収集場所や量が非常に限られています。
そのまろやかな芳香もさることながら、薬効の高さから医薬品(鎮静、抗炎症、痛みの緩和、感染防止など)としても利用され、フランスでは「プロヴァンスの青き黄金(L'or bleu de Provence)」と呼ばれ、珍重されています。
 

そもそもラベンダーって何に効くの?





歴史的に、ラベンダーは消毒剤やメンタルヘルス改善の目的で使用されていました。
古代ペルシア、ギリシア、ローマでは入浴剤としても使用されていたようです。
それが影響してか、ラベンダーの語源はラテン語で「洗う」を意味するLavare。
ご存知の通りフランス語で「洗う」はLaverであり、このLavareが語源となっています。

現在においては、「不安」・「不穏」・「不眠」・「うつ症状」・「頭痛」・「胃のむかつき」・「脱毛」に対し、民間療法または伝統療法として使われています。

また、ラベンダーはアロマテラピーで最もよく使われており、花から抽出したエッセンシャルオイル(精油)の香りは大きなリラックス効果をもたらします。

エッセンシャルオイルは他のオイル(キャリアオイル:植物から抽出された植物油)で薄めることで、皮膚に塗ることもでき、さらに、乾燥させたラベンダーの花は、飲料用のお茶や流エキス剤(生薬を水やアルコールなどに浸してしみ出させたもの)を作るのに使われています。

どうやらラベンダーは万能であり、ほとんど何にでも効用がありそうですね。

 

トゥルーラベンダーはラベンダー全体の生産量の2%





Le Château Du Boisトゥルーラベンダーは、A.O.P(Appéllation d’Origine Protégée)というEUが規定する品質認証を受けています。

このA.O.P.認証は、気候条件、日照、土壌、植生、飼料、先祖伝来の伝統的栽培方法や生産法などの要素をクリアーした高品質のラベンダーにのみに与えられます。

プロヴァンス地方のラベンダーの総生産量はおよそ1,000トン。
その内、トゥルーラベンダーの流通量は僅か90トンであり、A.O.P.認証を受けたものはなんとたったの20トン!
つまり、全体の生産量の2%しかありません。

これだけ高品質のトゥルーラベンダーが使用されたLe Château Du Boisエッセンシャルオイルは、そのグレードの高さから、フランス国内のラベンダー精油コンクールにて、数多くの賞を受賞しているそうです。






とても高品質なトゥルーラベンダーが贅沢に使用されたオーガニックコスメ!
大切な人へのプレゼントや、ご自身へのご褒美におひとついかがでしょうか?

À très bientôt
Kei

----------------------------------------------

追伸
よかったら、CoucouのFacebookのページ・Twitter、それから僕のTwitterもフォローしてください!
ブログやレッスンを更新した際、お知らせさせて頂きます。

CoucouのFacebookのページ:https://www.facebook.com/francais.coucou/
CoucouのTwitterアカウント:
https://twitter.com/francais_coucou
ケイのTwitterアカウント:https://twitter.com/Kei_japonais

過去のブログ記事

アップデート

コラム新着